スマートフォン版を表示
2017.01.28

もうひとつの関係性

少し遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

さて、1月20日に韓国の大邱大学との交流協定調印式に出席し、無事調印式をいたしました。調印式は大邱で行われましたが、当地では総長(学長)をはじめとして、大学挙げて歓迎いただき、非常に感銘を受けました。大邱大学は、本学の卒業生で、労働運動、農民運動など社会改革運動の先駆者として活躍し、日本生活協同組合連合会の初代会長も務めた賀川豊彦と縁があり、創設者に他大な影響を与えました。キャンパス敷地は、世田谷区とほぼ同じ面積を有し、特別支援教育や社会福祉分野に特徴を持ち、本学との今後の交流進展が期待できます。

偶然ですが、洪総長の奥様である尹さんは、本学大学院社会学研究科社会福祉学専攻を修了されており、調印式前日夜の会食に同席されていました。私も尹さんにお会いしてすぐ認識できるほどお変わりないお姿で、その夜は尹さんのすでに亡くなられた指導教授や、退職された当時の先生方の話を懐かしくさせていただきました。

現在韓国と日本の間には、両国間の歴史的関係をめぐって、解決できない課題が顕在化してきています。しかし、人と人とのつながりは、時を経ても変わらないものです。国と国との関係とは異なった、人と人とのつながりというもう一つの関係性を大切に育てていきたいものです。