スマートフォン版を表示
2016.04.26

人と人

4月9日はチャレンジコミュニティ大学(通称CC大学)の入学式でした。CC大学は、港区と本学の連携で開催されており、港区の地域リーダーを養成することを目的とした取り組みです。当日は武井雅昭港区長にもCC大学学長として式辞をいただきました。今期で10周年を迎えるCC大学ですが、申し込みは定員の約2倍にのぼり、講義だけではなくグループ活動等も含むCC大学に対しての高い評価を感じているところです。

今年も、現役大学生からすると大先輩にあたる方々が定期的にキャンパスに来ていただくことになります。4月14日には、岩手県大槌町の吉里吉里学園中学部の修学旅行生達も本学を訪れて下さり、すばらしい発表、合唱、虎舞を披露してくれました。白金キャンパスでは、近隣の保育園からもかわいいお客様が頻繁に来訪しますし、チャペル周りで写生される方々も風物詩となっています。横浜キャンパスでは5月下旬に行われる「戸塚まつり」に多くの地域住民の方々が参加していただいています。このように、大学は学生・教職員のみに閉ざされた存在ではなく、地域に開かれた存在として活動を続ける必要があると考えています。CC大学学生の方々にはぜひ遠慮なく大学生にも声をかけていただきたいと思います。

大学は、勉学の場ではありますが、それとともに人と人が交流し、お互いに刺激を受け、新たな関係も作り出す場でもあるといえます。学生諸君にも同学年、先輩や後輩との関係づくりに加えて、CC大学の方々や様々な来訪者に挨拶し、コミュニケーションをとることを勧めたいと思います。

blog_0426チャレンジコミュニティ大学入学式(写真左:武井雅昭 港区長)