スマートフォン版を表示
2016.07.05

学生の方々と(1)

先日、学長室に2人の在学生が訪れました。私と防災について話し合いたいとのことでした。学内の建物の耐震性への不安があったようですが、データを示して安心であることを伝えました。このようなことはもっと大学の方でも意識的に発信していきたいと思います。一方、避難経路のことなど、全学生に配布しているリーフレット「明治学院大学 大地震対応マニュアル」でさまざまな情報が書かれていることを伝えました。大学が発信する情報にも、ぜひ学生の皆さんも関心をもってください。
また、2人からは、備蓄品についてのアレルギー対応食の有無や、震災時の留学生支援などについても質問や提言がありました。学生が守られている立場ばかりではなく、平常時から行動を起こし、何か起きた場合には自らも役に立ちたいという思いを持っていることを感じ、多くの貴重なヒントや助言も得ることができ、有意義な機会ともなりました。大学としても改めて考えていきたく思っています。
2人は「W(ワイ)ゼミ」という活動にもかかわっています。この団体は、社会福祉学科生を中心に運営されているゼミで、第2のゼミを目指しています。「福祉を日常に」をモットーに、時には教員や卒業生も参加するランチ会、卒業生と在学生の交流会、防災のことを考えるきっかけにもなったプロジェクトが3本の柱です。TwitterやFacebookで「W(ワイゼミ)」検索するとアクセスできるようです。

これからも、今回のように、学生の皆さんが主体的に考え、お話しいただくことを歓迎いたします。

DSC04996