スマートフォン版を表示
2016.05.10

こどもの日

最近、2組の若いご夫婦が小さいお子さんのことを「○○さん」と呼んでいました。「○○ちゃん」という呼称が耳慣れている私としては、新鮮な経験でした。それだけ、子どもの主体的存在を認めているのかなとも感じました。子どもの主体的権利を保障し、かつ必要に応じて擁護し、子どもが育つ最小単位である家族を支援することは、日本も締約国となっている「子どもの権利に関する条約」(子どもの権利条約)にも明記されている内容 […]