スマートフォン版を表示
2016.06.09

こどもの日(続)

前回は、こどもの日や児童福祉法改正案などについて書きました。児童福祉法では、18歳未満を「児童」として規定しています。一方、民法では20歳を成年として定め、20歳未満を「未成年者」として規定しています。これ以外にも「こども」について規定した法律は数多くあり、法律によって「児童」、「少年」等用語も異なり、その規定する年齢も異なります。「子供」、「子ども」、「こども」と表し方もさまざまです。 「子ども […]

2016.05.10

こどもの日

最近、2組の若いご夫婦が小さいお子さんのことを「○○さん」と呼んでいました。「○○ちゃん」という呼称が耳慣れている私としては、新鮮な経験でした。それだけ、子どもの主体的存在を認めているのかなとも感じました。子どもの主体的権利を保障し、かつ必要に応じて擁護し、子どもが育つ最小単位である家族を支援することは、日本も締約国となっている「子どもの権利に関する条約」(子どもの権利条約)にも明記されている内容 […]

2016.04.26

人と人

4月9日はチャレンジコミュニティ大学(通称CC大学)の入学式でした。CC大学は、港区と本学の連携で開催されており、港区の地域リーダーを養成することを目的とした取り組みです。当日は武井雅昭港区長にもCC大学学長として式辞をいただきました。今期で10周年を迎えるCC大学ですが、申し込みは定員の約2倍にのぼり、講義だけではなくグループ活動等も含むCC大学に対しての高い評価を感じているところです。 今年も […]

2016.04.13

「P」

「一年の計は元旦にあり」といいますが、大学の場合は4月が新たなスタートですので「計」すなわち、Planを意味する「P」をタイトルにしました。大学では、今、事務部門が2019年度までのアクションプランを策定しています。アウトカムあるいはアウトプットを意識し、計画化することは重要です。ただし、それだけでは意味をなしません。私も中高時代、定期試験にむけて準備予定表を作成しましたが、それだけで「やった気」 […]

  • 3 / 3