スマートフォン版を表示
ボランティア

【大槌町吉里吉里復興支援プログラム】明学生が地域の方と作成した吉里吉里カルタが広まっています

吉里吉里カルタのお礼状をいただいたことがきっかけで、地域でボランティアをしている人形劇団の方とつながりができ、サマースクールに参加していた子ども達と一緒に人形劇を見ることになりました。劇の後には、劇団の方がカルタの句を読んでくださったり、吉里吉里カルタで遊んだりして交流を深め、人形に興味を持った子どもたちが自ら話しかける姿もありました。明学生と子どもとのつながりを活かすことで吉里吉里カルタを活用する場が広がり、カルタにより新しいつながりが生まれることを実感しました。

執筆者:久松美稀(心理3年)

1612hitoga_karuta_photoカルタによって、子どもたちが劇団員の皆さんと交流を深める機会も生まれました。

白金通信2016年12月号(No.487) 掲載