スマートフォン版を表示
ボランティア

【明学レッドクロス】赤十字の国際交流にユースボランティアとして参加

11月、青少年赤十字の国際交流事業にスタッフとして参加しました。高校生が4日間、英語で交流し、リーダーシップを学ぶプログラムです。高校時代に県代表として参加したので、企画・運営側でサポートしたいと思いました。3カ月間の準備で裏方の苦労を知ると同時に他大学のボランティア、国内外の高校生、日本赤十字社のスタッフなど、多くの方と知り合えました。ボランティアは自分を成長させ、周りの環境をも変えてくれるものです。次
回は語学奉仕団として携われるよう英語学習により一層力を入れたいです。

土屋早希(国際2年)

「防災教育・災害対応」をテーマに29か国から約100名の青少年赤十字メンバーが参加しました。©日本赤十字社

白金通信2017年4月号(No.489) 掲載