スマートフォン版を表示
イベント

明治学院大学留学生会 新年会で国を超えた文化交流

2016年4月に発足した明治学院大学外国人留学生会は、出身国・地域を問わず、本学の正規留学生によって構成され、学生同士の異文化交流など積極的に活動しています。

旧正月の前日にあたる1月27日には、学長主催の新年会が開催され、中国、韓国、台湾出身の学生たちが、それぞれの国の正月の過ごし方を発表しました。どこか似ているようでちょっと違う各国の正月料理や風習。ですが、大切な家族や友人とともに、健康で豊かな1年となるよう祈り、新年を祝うのは同じです。参加者全員が、自国の文化と照らし合わせながら、その発表に耳を傾けていました。

陳晴雪さん(経済4 年)と李ヘプシバアさん(芸術3 年)は、この留学生会で年齢を問わず、さまざまな国の学生たちと交流できること、また活動が社会経験にもつながることが嬉しいそうです。今、日本の学生たちともさらに交流を深めるための計画を練っているとのこと。学生たちが主体となって、明学の国際交流は、ますます広がっていきます。


美味しい食事を囲み、留学生と学長、教職員で話がはずみました。


留学生に教わり、中国の挨拶でポーズ!

2017年4月号(No.489)掲載