スマートフォン版を表示
課外活動

【戸塚まつり準備会】

歴史紡ぎ織り成す 戸塚まつり

戸塚まつりは、1997年に誕生した横浜キャンパスの大学祭です。環境・福祉・国際の3つの理念を柱とし、学生だけではなく教職員や地域の方々と一丸となってつくりあげることが他の大学祭との違いです。毎年、さまざまな人が笑顔で交流できる多彩な取り組みを行っています。

2017年度のテーマは「砂時計」。「まつりがこれからも続いてほしい」という願いを込め、歴史を積み上げることを砂時計に見立てています。「今年は戸塚まつりが20周年を迎えます。準備会員はもちろん、まつりに関わる全ての方の思い出に残るよう準備を進めています」と戸塚まつり準備会代表の平野初歩さん(法律3年)。20周年という節目の年とあって、特別な思いで活動しているようです。

戸塚まつり準備会は、主に各種企画のリハーサル、広報活動、備品整備や会場設営、キャンパスを彩る装飾活動を行っています。地域のコミュニティや企業、行政機関との連携も行うため、マナーを習得したり、調整力、行動力を養うこともできます。その他、戸塚や横浜で開催する懇親会や、長期休暇に行う合宿で準備会員の親睦を深めるなど、親密な環境でメリハリをもって楽しく活動しています。新しいことや楽しいことが好きな方は、ぜひ戸塚まつり準備会に入ってみませんか?

執筆者:学生広報委員 金光榮二(法律4年)


来場者の方々との触れ合いも魅力の一つです

白金通信2017年4月号(No.489) 掲載