スマートフォン版を表示
ボランティア

【港区連携プロジェクト】港区の大学生として「食品ロス削減」に取り組んでいます

区の大学生14名(明学生5名)で「MOTTAINAI MINATO 食べきり感謝プロジェクト」に取り組んでいます。食品ロス(食べられるのに廃棄される食品)削減のため、区内の飲食店などでの食べ残しを減らす啓発活動で、夏休みから企画してきました。12月には区の職員と一緒に芝、新橋、麻布十番の飲食店を訪ねPR。食べきり協力店としてぜひ登録したいという声を聞いたときはとても嬉しかったです。行政と大学生が連携してできることを今後も継続したいです。

須川愛美莉(心理4年・プロジェクトリーダー、戸塚まつり準備会副代表)

自分の言葉で明るく説明。これまで32店舗が協力店として登録してくださり、どんどん増えています。

白金通信2017年4月号(No.489) 掲載