スマートフォン版を表示
イベント 学び

経営学科・大竹光寿ゼミナール主催 高校生がマーケティングを体感

3月15日に白金キャンパスにて高校生向けのマーケティングイベントを開催しました。日本能率協会の企画協力のもと、マーケティングの専門家の方が高校生に対して、マーケティングの面白さを伝え、将来の仕事や大学での学びについて考えるきっかけを提供するものです。

(株)ロッテアイス、カルビー(株)、(株)ファミリーマートのご担当の方々から事例をご紹介いただき、ワークショップを行いました。

カップアイス「爽」については、売上が落ちた時に皆さんならどうするか、スナック菓子「じゃがりこ」については、より多くの高校生・大学生に買ってもらうための施策は何かという課題が出され、学生たちが提案をしました。ファミリーマートについては、自分が店舗に行く理由を振り返り、高校生が店舗に行きたくなるような工夫を考案しました。

企業からは、「新鮮な発想に触れられた」とのご意見をいただき、また、高校生からは「身近なブランドの背景を知ることができ面白かった」との声を多数いただきました。

イベント準備のため、ゼミ生は半年かけて、企画構想、プレゼン資料の作成や、企業本社での説明、打ち合わせなどを実施。第一線で活躍されている方のお話を直接お伺いでき、マーケティングへの理解や面白みを体感する貴重な機会となりました。

岩田和樹(経営4 年)、佐藤茉奈(経営4年)、鈴木悠里(経営4 年)

 

株式会社ロッテアイス様。爽・マーケティング戦略

カルビー株式会社様。じゃがりこ流 共創マーケティング

株式会社ファミリーマート様。Fun & Fresh くらしを楽しくする新しい生活スタイルの提案

2017年7月号(No.490)掲載