スマートフォン版を表示
学び

「UNHCR難民高等教育プログラム」協定を締結しました

難民学生を対象とした推薦入学制度「UNHCR難民高等教育プログラム」に参画するため、5月24日、本学、「国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)」、「国連UNHCR協会」の3機関が協定を締結しました。

本学で毎年1名の難民学生を受け入れ、入学金・学費を免除。その他学業生活も支援します。

難民学生の将来を拓くと共に、本学学生にとっても世界を知り、学びを深められるプログラムです。


ダーク・ヘベカーUNHCR駐日代表、松原康雄学長、滝澤三郎国連UNHCR協会理事長(左から)

白金通信2017年7月号(No.490) 掲載