スマートフォン版を表示
課外活動

任意団体【Break Jam】

日本一のサークルの素顔とは

明学生なら誰もが名前を聞いたことがあるであろうこのサークル。その名を知らしめたのは日本一のダンスサークルを決めるJapan Dancers’ Championship(JDC)で2015,2017年と2度も日本一に輝いたことでしょう。

今回はそのBreak Jamが普段どんな活動をしているのか取材してきました。新歓が一段落した4月下旬の放課後、練習が始まるとまずは入念なストレッチを行います。見ていると飽きてしまうほど長く行うのは、足首や腰をたくさん動かすからだそうです。その後、今度は初歩的なステップの踏み方を練習していきます。この日が初めてという1年生も、皆必死の形相で講師の指導に聞き入っていました。練習も終盤になると実際に音楽を流しながらリズムに合わせて、習得したステップを繋げて一連の動きを作り上げていきます。すると、先ほどまでぎこちない動きだった1年生も音楽に乗って自然に動けるようになっているように感じました。

今年は例年以上の人数である約220人の1年生を迎えたBreakJam。「ダンスのジャンルや世代の垣根を越えて家族のように仲が良い」と総代表の北見浩太郎さん(法律2年)は言います。今年はJDC2018で王座を維持できるように練習に励んでいくのが目標とのこと。大学生活と青春を謳歌したい学生にオススメのサークルです。

学生広報委員 小林大紘(政治3年)

鏡に映る自分を見つめ、磨く

白金通信2017年7月号(No.490) 掲載