スマートフォン版を表示

特別支援学校教諭と、小学校教諭。夢の実現は、大学のサポートのおかげです。


横浜市教育委員会(小学校教員)

深水 脩登 (Shuto Fukamizu)

心理学部 教育発達学科 (2017年卒)

兄に障がいがあり、障がいを持つ人の支援がしたいと考えていました。同時に小学校教員という夢もあり、特別支援学校教諭免許も取得できる本学科を選びました。週に一度、横浜の小学校にアシスタントティーチャーとして通い、子ども達のパワフルさに刺激を受ける一方で子どもへのアプローチに悩むなどの紆余曲折を経て、小学校教諭という進路を選択。子どもの実態を心理学から捉えて有効な指導法を追求するとともに、模擬授業を行っては実践に落とし込むという両輪での基礎力を養えました。

教員に必要なスキルや観点の学びと教員採用試験合格を最短距離で進めたのは、学科教授と教育キャリア支援課との連携のおかげだと思います。