スマートフォン版を表示

法律の知識を活かして人の役に立てる存在へ


神奈川県 神奈川学園高等学校出身

京増 祐里香 (Yurika Kyoso)

法学部 法律学科 4年

小学校の授業で憲法を学んで以来、法に興味を持ち、法律学科を志望しました。授業では六法を中心にさまざまな法律について学んでいます。本学科の魅力は、現役の大学院生から授業で分からなかった点やレポートの書き方の指導を受けられる「特別TA制度」です。学びに対するサポート体制が整っているので、安心して確かな専門知識を身につけられます。3 年次に受けた講義では、成年後見制度について学びました。高齢や障がいによって判断能力が不十分な人たちへの支援は、これから高齢化社会を迎える日本に必要なもの。そのためにも多くの人に正しい知識を広めることの重要性を感じ、「国家公務員として成年後見制度を推進する」という目標ができました。

現在は、週に2、3回、学内で開講されているセミナーに参加し、公務員試験に備えた準備を進めています。将来、法の知識を活かして人々の役に立ち、誰かを助けられる存在になれるように、一つひとつの学びを確実なものにしていきたいと思います。