スマートフォン版を表示

学問の観点から広く深く芸術を吸収し、希望する分野への資質を磨けました。


株式会社電通クリエーティブフォース

二瓶 恵利花 (Erika Nihei)

文学部 芸術学科 (2017年卒)

音楽ライブが好きでコンサート会場に通ううち、観客全員が一体となって集中する瞬間を創る側の仕事がしたいと考え、本学科を志望。実際に学んでみると芸術の世界は想像以上に幅広く、それまで興味がなかった広告や絵画、演劇の魅力を知ることができました。ゼミでは、最先端のCMについて制作者からリアルな現場の話を伺い、衝撃を受けたことが、メディア制作業界への就職のきっかけに。

舞台技術研究会というサークルとアルバイトで照明の技術を身につけ、学内外の演劇やチャペルの照明を任されるチャンスに恵まれたことも、現場力を培ううえで有効でした。現在は、好きなことを通して社会と関われる喜びでいっぱいです。