スマートフォン版を表示

学際的に学べる政治学科で実践力・応用力を身につける


神奈川県 桐蔭学園高等学校出身

関根 健治 (Kenji Sekine)

法学部 政治学科 3年

大学では留学をして世界の経済や金融の動きを学びたいという目標をかなえるため、まずは自分の国の法律や政治の知識を身につける必要があると思い、政治学科へ進学しました。1年次から政策や国会の議題について学生同士でディスカッションする機会も多く、事前に新聞や本を読み論文や資料を作成するなど意欲的に取り組む姿勢が身につきました。政治学科は1年次で必修が終了するため、2年次からは目標に向けて必要な授業を自分で選択することができます。今では政治関連の話題も理解できるようになり、日々動く国内外の社会情勢に興味を持つようになりました

授業以外でも学生が主体となって政治家の講演会を企画・運営するイベントもあり、時間管理や調整力のスキルも向上します。高校までは受け身だった自分が、大学生活を通して積極的に行動するよう になりました。今後は留学先で日本の歴史を踏まえながら、政策や制度について英語で討論できるように、語学力を高めながら専門知識を深めていきたいと思います。