スマートフォン版を表示

Faculty introduction

経済に関する分析力と広い視野とバランス感覚を見につけましょう

経済学部は経済学科、経営学科、国際経営学科の三つの学科を持ち、一学年の学生数が600 名を超える、この大学では一番規模の大きい学部です。経済学は非常に裾野の広い学問です。《人、物、サービスの流れやつながり》が全部、経済学の対象になります。さらに近年では情報化社会の発達や経済の世界的規模への拡大に伴って、経済学も大きく変化してきました。こうした動きに合わせ、経済学部では「経済学科の中に《企業・制度デザインコース》を作る」「経営学科では実務家による実践的講義を増やす」「国際経営学科では2年次秋に全員留学を実施する」など、教育内容にさまざまな工夫を凝らしています。ここで得る貴重な知識や体験を、ぜひ今後の社会で活かしてください。

経済学部長 村田 玲音

人材養成上の目的・教育目標

経済学部は、明治学院大学の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、経済学部の「人材養成上の目的・教育目標」を次のとおり定める。
経済学部が目標とするのは、健全な倫理観を持ちながら経済学の知識によって社会で活躍できる人材の育成であり、経済学の多様性を理解し、新しい変化に弾力的に取り組めるようなバランス感覚を身につけた「良識のある経済人」の育成である。

学科の人材養成上の目的・教育目標

経済学科 | 経営学科 | 国際経営学科

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部は、明治学院大学の「卒業の認定・学位授与に関する方針」に基づき、経済学部の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学するとともに所定の単位を修得し、次の能力を身につけることを卒業認定と学位授与の要件とする。
いずれの学科でも、幅広い教養とともに経済学・経営学分野の基礎的知識を獲得し、それを体系的に理解し、これを活用するための情報収集力・分析力や他者とのコミュニケーション能力を身につけ、現代社会に生起する諸問題に積極的に取り組む力を身につけた「良識のある経済人」であること。

学科の卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学科 | 経営学科 | 国際経営学科

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)とは
卒業の認定・学位授与に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を示している。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学部は、明治学院大学の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、経済学部の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「卒業の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。
いずれの学科でも、カリキュラム編成においては無理なく導入から専門へ移行できるよう、コース制等の制度的な工夫をしている。また、コミュニケーション能力獲得のため少人数教育を目指し、身につけた知識を実際の現場で応用できるよう、実践的な科目も多く配置してある。専門教育科目のうち、演習(卒業論文を含む)とインターンシップはすべての学科の共通科目として配置している。また学科間の結びつきを高めるため、経済学部内の他学科の専門教育科目は「隣接領域科目」として位置づけ、原則として経済学部の全学生が履修できるようにしてある。

学科の教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学科 | 経営学科 | 国際経営学科

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)とは
教育課程の編成および実施に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を育成するための学修段階に応じた教育計画、指導の方針等を示している。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部は、明治学院大学の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、経済学部の定める「人材養成上の目的・教育目標」に照らして、経済学部の「卒業の認定・学位授与に関する方針」および「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

  1. 求める人材像
    1. 経済学部における学びに取り組むため、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。特に国語・英語・数学等の主要科目をまんべんなく勉強していることが重要である。入学時には経済学に関する知識は特に必要とはしていない。
    2. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”および経済学部の教育方針や教育目的、また日本を取り巻く経済や企業活動、そして世界の経済問題等に幅広い興味と関心を持ち、共生社会の担い手となる意欲を持っている。
  2. 入学者選抜の基本方針
  3. 上記「求める人材像」に掲げる基礎的な能力および意欲をもっているか否かを評価する。
  4. 入学者選抜の種類と評価方法
  5. 入学者選抜にあたっては、「一般入学試験」または「特別入学試験」を行い、上記「入学者選抜の基本方針」に則って評価する。

学科の入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

経済学科 | 経営学科 | 国際経営学科

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)とは
入学者の受入れに関する基本方針であり、教育上の理念・方針に沿って、受験生に求める能力・意欲・経験・適性等や選抜方法を示している。