法律学科教員一覧

法律学科 | 消費情報環境法学科 | 政治学科

  • 阿部 満 ABE, Mitsuru

    主要担当科目

    民法総則・不法行為法

    授業内容

    法の世界で「人」はどのように存在し、結びつくべきか。そのグランド・デザインは民法「総則」の条文に仕組まれています。現代の問題を意識しつつ基本ルールを学びます。

  • 今尾 真 IMAO, Makoto

    主要担当科目

    物権法・債権総論

    授業内容

    債権総論では、具体的事例をもって抽象的理論を解くとの見地から、債権の目的・効力、多数当事者の債権関係、債権関係の変動、債権の消滅などの債権法の総則を学びます。

  • 伊室亜希子 IMURO, Akiko

    主要担当科目

    物権法

    授業内容

    物権法は、所有権を中心とする財産の支配・帰属の関係(簡単にいうと人と物との関係)を規律しています。講義では不動産取引を例に、物権変動論や担保物権について学びます。

  • 臼杵知史 USUKI, Tomohito

    主要担当科目

    国際法

    授業内容

    国際法は国家間で適用される権利と義務、国家間の紛争を平和的に解決するための法的手続に関する法規です。講義では、国際法の歴史、法源、基本原則、領域主権などを扱います。

  • 蛯原健介 EBIHARA, Kensuke

    主要担当科目

    憲法・EU法(ワイン法)

    授業内容

    欧州統合の歴史、EUの組織と政策を学び、EU法の全体像を理解する講義です。インターネットにアクセスしながら、欧州の文化的多様性に触れ、EUワイン法やワイン市場の動向も検討します。

  • 加賀山 茂 KAGAYAMA, Shigeru

    主要担当科目

    契約法

    授業内容

    契約法1では、13の典型契約の特徴を類型的・静態的に理解します。契約を成立・不成立、有効・無効、履行・不履行というように動態的に把握する契約法2の準備となります。

  • 河村 寛治 KAWAMURA, Kanji

    主要担当科目

    英米法

    授業内容

    英米法は、企業のグローバルな活動に際して、避けて通ることのできない基本的なルールであり、特に契約法に関しては、米国契約法の考え方を理解しておくことが必要となっており、これらを学ぶものです。

  • 黒田美亜紀 KURODA, Miaki

    主要担当科目

    民法総則・成年後見法

    授業内容

    民法総則では、民法全般に関わる共通のルールや基本的概念について、成年後見法では、判断能力が不十分な人の意思決定を支援する法的な枠組みについて考察します。

  • 河野 奈月 KOHNO, Natsuki

    主要担当科目

    労働法

    授業内容

    労働法の授業では、職場で生じる法律問題を取り上げ、労働関係の開始・展開・終了に関するルール、労働条件に関するルール、労働組合に関するルール等について講義します。

  •                              
  • 鈴木敏彦 SUZUKI, Toshihiko

    主要担当科目

    刑事訴訟法

    授業内容

    刑事訴訟法の授業では、実体法である刑法の実現過程すなわち、発生した犯罪の証拠を収集し、犯人を特定・確保し、裁判で立証していく活動について学びます。

  • 高橋文彦 TAKAHASHI, Fumihiko

    主要担当科目

    法哲学

    授業内容

    現代の代表的な法哲学者の言説を手掛かりに、法あるいは権利とは何か、法の解釈・適用とはどのような営為か、法が実現すべき価値とは何かといった問題について講義します。

  • 田澤元章 TAZAWA, Motoaki

    主要担当科目

    会社法

    授業内容

    現代の企業社会の中心的役割を担う株式会社について、出資者である株主の権利と株式制度、経営者とその経営監督機構など、組織としての株式会社に関する基本的仕組みを学びます。

  • 田村泰俊 TAMURA, Yasutoshii

    主要担当科目

    行政法

    授業内容

    行政(国・地方公共団体)と国民・住民の関係を扱うことを授業の内容とします。授業では、この関係の中で生じた最新の最高裁の判例を学びます。

  •                              
  • 長井長信 NAGAI, Choshin

    主要担当科目

    刑法

    授業内容

    「切った張った」から「クローン人間」まで、刑罰は広範囲に及びます。授業では、主に「刑法」上の犯罪類型について具体的に検討し、あわせて、その現代的意義を考えます。

  • 西田 真之 NISHIDA, Masayuki

    主要担当科目

    日本法制史

    授業内容

    法制史は、歴史学の観点から法学を概観する学問分野です。講義では、現代法のアイデンティティを探る一つの視点として、異なる歴史と文化の中で、どのような法の世界が広がっていたのか、考察します。

  • 畑 宏樹 HATA, Hiroki

    主要担当科目

    民事訴訟法

    授業内容

    民事訴訟法では、民事法上のトラブルがどのように処理され、民法・商法などの実体法に規定されている権利がいかにして実現されていくか、そのプロセスについて講義します。

  • 山本未来 YAMAMOTO, Mirai

    主要担当科目

    行政法

    授業内容

    行政活動によって権利利益が侵害された国民の救済を図るための行政救済法(行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法)の基本事項や裁判例について講義します。

  • 渡辺 充 WATANABE, Mitsuru

    主要担当科目

    租税法

    授業内容

    市民生活と租税をメイン・テーマとし、個人に関する課税問題を中心に講義します。租税法律主義などの総論関係と消費税法、所得税法、相続税法を中心に講義します。

2016年4月1日現在 (50音順)

法律学科トップへ戻る