フランス文学科教員一覧

英文学科 | フランス文学科 | 芸術学科

  • 朝比奈 弘治 ASAHINA, Koji

    主要担当科目

    演習(近代文学)

    授業内容

    フロベール、ヴェルヌ、ゾラなどの小説をいくつか選び、みんなで議論しながら読んでいきます。「異世界への旅」「都市と文学」「子どもの世界」などテーマは毎年変わります。

  • 石川美子 ISHIKAWA, Yoshiko

    主要担当科目

    演習(自伝と風景論)

    授業内容

    さまざまな時代の自伝や小説、旅をめぐる作品を読んでいきます。現代批評の観点を取り入れつつ、「自己を語ること」「風景の概念の変化」などについて考えます。

  • 齊藤哲也 SAITO, Tetsuya

    主要担当科目

    現代芸術

    授業内容

    シュルレアリスムを中心に、20世紀フランスの文学・美術を研究します。小説や絵画のみならず、科学や技術が可能とする、あたらしい知覚のあり方について考えていきます。

  • 慎改康之 SHINKAI, Yasuyuki

    主要担当科目

    現代思想

    授業内容

    フーコー、ドゥルーズなど、20世紀フランスの哲学者たちの思想を手がかりに、現在の私たちが日常において直面する具体的な問題について考える術を探求します。

  • 杉本圭子 SUGIMOTO, Keiko

    主要担当科目

    近代の文学

    授業内容

    スタンダールをはじめとする小説や旅行記を題材に、大革命後のパリと地方の人間模様を概観します。「嫉妬と文学」「文学の中の出会い」「決闘の文化史」などをテーマに掲げます。

  • 田原いずみ TAHARA, Izumi

    主要担当科目

    現代フランス語の諸相

    授業内容

    フランス語史、フランス語圏諸国間のつながり、フランスの方言・地方言語、フランス語文法論などのテーマを掲げ、さまざまな視点からフランス語やフランス語圏文化の理解を深めます。

  • 西岡芳彦 NISHIOKA, Yoshihiko

    主要担当科目

    歴史記述論

    授業内容

    「社会史」の記述スタイルの具体的な事例として、ギゾーとラブルースをとりあげます。次に1871年のパリ・コミューンに関する史料を読み解きながら、社会史的に分析します。

  • 畠山 達 HATAKEYAMA, Toru

    主要担当科目

    フランス詩

    授業内容

    フランス語の歴史を概観しながら、なるべく多くの詩を読んでいきます。フランス詩法も学ぶことによって今までとは違った詩の読み方を身に付けます。最終的に詩とは何か、一緒に考えていきます。

  • ペシャール,ドミニック P.V. PESCHARD, D.P.V.

    主要担当科目

    フランス語科教育研究

    授業内容

    話せるフランス語をめざしたフランス語の実践的トレーニングを行います。実践を通じて、外国語教育法について考えていきます。仏検2級合格のための指導も行います。

  • 湯沢英彦 YUZAWA, Hidehiko

    主要担当科目

    演習(ベルエポック期の文化)

    授業内容

    19世紀から20世紀へという、時代の大きな転換期における文学・芸術の諸問題を扱います。とくに「記憶」や「身体」という観点からさまざまな文化現象を検討します。

  • レヴィ,ジャック アンリック LEVY, Jacques Henrik

    主要担当科目

    現代翻訳論

    授業内容

    言語哲学、言語学、記号論、精神分析など、さまざまな分野に言及しながら、文学作品の翻訳をめぐる諸問題を取り上げ、フィクションを論じる方法について考えていきます。

2016年4月1日現在 (50音順)

フランス文学科トップへ戻る