経営学専攻 (博士後期課程)
MAJOR OF BUSINESS ADMINISTRATION

世界の経済情勢に呼応した、最新のプログラムで専門分野を学ぶ

経営学専攻では、将来の研究者を目指すための充実したカリキュラムと研究環境を整えています。すなわち、国内外の学界の先端を担う研究者の育成と、産業界のビジネスリーダーを養成するため、経営学の全領域にわたり多彩なカリキュラムとスタッフを揃えています。学問の世界も今や日進月歩の時代であり、今までの先行研究をもとに、最新の成果を渉猟する必要があります。経営・マーケティング・会計・金融および関連諸領域の理論全般について、しっかりとした学問的基礎を学ぶとともに、今日的テーマにも取り組むことができ、豊かな創造力と高度な学術探求力を養うことができるよう、多彩なカリキュラムのもとで広い視点から勉学できるようになっています。大学院では、徹底した研究指導によってすでに本専攻から大学教員が育っており、わが国の経営学界で活躍しています。博士後期課程に入学する方は、研究指導教員の指導の下に3年間在学し、指導教員の講義科目と演習(合計8単位)を修得し、博士学位申請論文を提出します。博士学位申請論文が審査を通過し最終試験で合格することが博士後期課程の修了要件となります。丁寧な論文指導・研究指導を行う点が特徴となります。本経営学専攻では、意欲を持って学術と実践のフロンティアに挑戦しようとする皆さんの入学を期待しています。

TOPICS

少人数教育

明治学院大学大学院経済学研究科経営学専攻は博士後期課程に特化した大学院です。少人数を基本とした教育・研究を目指しています。授業は一方通行的な講義形式より、ディスカッション形式で進められるものもたくさんあります。その結果、教員との距離は近くなり、疑問に思ったことについてすぐに討論を行い、理解を深めながら研究を進めていくことが可能です。

研究生の受け入れ

経営学の特定課題について、本学教授からの研究指導を希望する者を研究生として受け入れています。グローバル化した現代の企業経営の課題を研究するため、留学生が外国人受託研究生として研究することも可能です。なお、研究生は当該課程在籍者と同等以上の学力があると認められた者となります。

インタビュー


太田 幸治
経営学専攻
博士後期課程 2005年3月満期退学

マーケティングの研究を通して世の中の本質を見抜く視点を得た

私の大学院時代の研究テーマは「牛乳の製品変革」でした。簡単に言うと、牛乳配達の歴史をマーケティングの製品開発の観点から考察するというものでした。日本では既に明治時代に牛乳配達制度は確立していました。しかし、昭和50年代以降、牛乳配達は急激に減少します。その背景には、牛乳の滅菌技術の向上や保存性の高いパッケージの開発といった牛乳に直接係わる技術革新ばかりか、電気冷蔵庫の普及、スーパーマーケットの台頭、乳業メーカー間の競争が大きな影響を与えていることを明らかにしました。この研究を通して実感したのは、「マーケティングは、商品や企業の研究ではなく、人々の行動の研究である」ということ。当時の指導教授が「本質を見抜け」と常に言っていたことが今も胸に刻まれています。

現在は、愛知大学経営学部の准教授として学生に経営学やマーケティングを教えながら、これらの学問を用いた知見で世の中のさまざまな事象の“本質を見抜く”面白さを伝えています。明治学院大学で出会った先生方の研究者としての熱意を今度は自分が学生たちに伝えていく番だと思っています。

修了後の進路

私立大学准教授など

研究科ごとの修了後の進路(過去3年間の実績)

教授担当科目

氏名主な担当科目指導内容
池尾 恭一 教授 マーケティング戦略論特殊研究 マーケティングの既存理論体系について十分な理解を図るとともに、それらを批判的に検討するための分析枠組みを構築する。
大平 浩二 教授 経営学史特殊研究 学説研究の方法論について検討する。とりわけ、いわゆるインターナルア゚ローチとエキスターナルアプローチを中心に検討する。
神田 良 教授 経営労務論特殊研究 戦略的人的資源管理の基本的な考え方を理解するとともに、日本の実践を調査して理論的な仮説を導き出す。
齋藤 嘉一 教授 マーケティング・サイエンス特殊研究 特に消費者の異質性に注目し、マーケティングに関する消費者反応に対する実証分析を行う。
佐藤 成紀 教授 原価計算論特殊研究 原価計算論の最新の動向を理解したうえで、原価計算に関する掘り下げ考察を行う。
鳥居 宏史 教授 管理会計論特殊研究 意思決定会計と業績管理会計に体系化づける伝統的な管理会計を理解したうえで、事業部業績測定の観点から、今日的な管理会計技法と理論に関する総合的な研究を行う。
西原 博之 教授 国際経営論特殊研究 企業の国際的な経営活動に関して、海外事業を展開する際の経営課題を理解し、日本企業の国際化に関する今後の展望への示唆を行う。
西山 由美 教授 税法特殊研究 外国文献(原書)を通してEU域内の租税法の基礎知識及び基礎理論を学ぶ。
濱口 幸弘 教授 情報管理論特殊研究 企業と情報技術に関する英語の論文の読解および実証方法の理解。
丸山 正博 教授 流通システム論特殊研究 企業のマーケティング活動や、商品の流通システムにおける消費者保護のあり方を、法律・政策、企業の自主的取り組みの観点から修得することを目標とする。
森田 正隆 教授 マーケティング情報システム論特殊研究 マーケティング、情報論、組織論、情報システム論といった各分野の先行研究をレビューすることでマーケティング情報システムに関する理論的枠組みを構築し、実証分析を行う。
藤田 晶子 教授 財務会計論特殊研究 会計理論の潮流や昨今の会計基準の国際的なコンバージェンスの動向を概観しながら、資本市場における財務会計の役割および課題を考える。
山田 純平 教授 国際会計論特殊研究 会計基準に関する諸問題を、理論面と実務における運用面から検討する。

※経営学専攻は、2015年度に法と経営学研究科が開設されたのに伴い、2016年度より博士前期課程の募集を停止いたしました。

入試情報