経済学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)
MAJOR OF ECONOMICS

世界の経済情勢に呼応した、最新のプログラムで専門分野を学ぶ

経済学専攻では、将来独立した研究活動を行うのに必要な研究能力の養成(研究者の養成)と、高度な専門性を持つ職業に必要な知識を授ける高度専門職業人の養成という2つを教育目標としています。その目標を達成すべく、開講科目の多様化や社会人入試の実施、一部科目の夜間開講などを図っています。カリキュラムは経済情勢の変化に合わせて見直しており、近年のコンピュータ化や社会情勢に対応して情報経済学や公共経済学の分野にも力を注いでいます。提携している8大学の大学院での受講も可能です。授業は講義・演習ともその授業密度は濃く、高度な経済理論を学ぶのに適した環境です。また、最近のわが国をはじめ諸外国の経済の実態は、景気や財政・金融をはじめ多種多様な問題が山積しています。その実態の解明とその対応策を考察することのできる力を、理論、制度、歴史、さらには実証分析などを駆使して養います。実態分析とインプリケーションのある論文を執筆できる能力を養うことを目的としています。つまり、知識ばかりでなく、実証分析を通して学生諸君の「問題発見能力」と「問題解決能力」の育成に努めることにも心がけています。経済学専攻は、「専門性」と「多様性」を備え、「洞察力」と「解決能力」に優れた研究教育者の育成をはじめ、キャリアアップ、生涯教育などに資する教育に努めています。

TOPICS

飛び入学制度について

明治学院大学経済学部で3年間学び、優秀な成績を修めた学生は、大学を3年で卒業して大学院に進むことができるという制度、いわゆる「飛び入学」の制度があります。この制度の適用者は、口述試験のみ、つまり面接だけで大学院に入学することが可能です。この制度の適用を受けることで、最短5年間で学部と大学院博士前期課程を修了することが可能です。

その条件として、次の1.~4.をすべて満たす必要があります。
  1. 3年次修了までの成績が、科目総合でGPA2.8以上である見込みが立つ者。
  2. 3年次修了までの成績が、専門科目に関してはGPA2.9以上である見込みが立つ者。
  3. 卒業に必要な単位数を3年次修了時に取得見込みであること。
  4. 原則として「演習A」を履修していること。

インタビュー


宮本 由紀
経済学専攻
博士前期課程2003年3月修了

私の人生を変えた恩師との出会い

現在私は名城大学都市情報学部の准教授として、地方政府が行う政策について研究しています。最近では少子化対策としての子育て支援政策に関する研究を行っています。明治学院大学の経済学研究科には研究者を目指し、より専門的な知識を得るために入学しました。しかし入学当時研究者になりたいという目標は漠然としたもので、研究する上で一番大事な 「何をしたいのか」という研究テーマすらもしっかり決まっていない状態でした。そんな私が研究者になれたのは先生方の熱心な指導のおかげです。特に、指導教官の先生には本当に熱心に指導して頂きました。時間割では指導時間は週に90分でしたが、朝11時から夕方6時過ぎまで指導してもらうこともありました。そのおかげで、修士論文は日本経済研究センターが発行する「日本経済研究」という査読付き学術誌に掲載されました。先生は還暦を迎えた現在でも国際的に有名な学術誌に論文を書いており、最先端の研究を行っています。先生のような指導者・研究者になることが私の目標です。

修了後の進路

進学、りそな銀行、税理士法人あおやまなど

研究科ごとの修了後の進路(過去3年間の実績)

教授担当科目

氏名主な担当科目指導内容
江川 雅司 教授 財政学特論 最初は、財政学一般に関する講義をする。その後、あらかじめ決めた書物について輪読形式で実施。輪読は、受講生によるレジュメ作成・発表形式で実施する。
大西 晴樹 教授 西洋経済史特論 近世西洋経済史研究のテーマのひとつに「ヴェーバー・テーゼ」がある。すなわち、プロテスタントの禁欲的な倫理が西洋の資本主義の発展にいかなる影響を与えたかについて追及する。
神山 恒雄 教授 日本経済史特論 近代日本(幕末開港~第二次世界大戦)を主として経済面から検討することで、日本が他のアジア諸国と異なり独立を維持しながら経済の近代化=資本主義化を成し遂げた過程を検討する。
神門 善久 教授 農業政策論特論 工業化による経済発展の初期において発生する食料問題について、その発生メカニズムと望まれる政策について、事例をもとに検証・考察を進めていく。
佐々木 百合 教授 国際金融論特論 論文の精読や分析を通じ、英文・和文 の学術論文を読んで理解できるようになること。パソコンを利用して、データを加工し研究に役立てられるようになること。
鈴木 岳 教授 ミクロ経済学特論 一般的均衡論の数理的基礎について、均衡の存在、厚生経済学の基本定理、コアの極限定理を中心に、位相空間論、線形代数の基礎的知識を前提として論じる。
宋 立水 教授 中国経済論特論 本講義は制度的・政策的および歴史背景的なアプローチから中国経済について分析を試みる。社会主義時代中国経済と市場移行段階でどのような特徴が見られるのか、そこでの問題点は何か、などを検討していく。
高﨑 仁良 教授 経済政策論特論 教材の内容を受講者が読解し、分析技術を身につけ、応用力を養うことを目標とする。さらに問題点の指摘、意義、発展などについて互いに議論し、将来受講者が創造的な仕事を成し遂げることを理想とする。
高橋 青天 教授 公共経済学特論 民間経済活動だけでなく、公的経済主体の経済活動がいかに市場経済に影響を与えているかという公共経済理論の基礎を理解することを目標としている。
千葉 正憲 教授 西洋経済史特論 ヨーロッパの社会経済の歴史に関する理解を深める。
中尾 茂夫 教授 世界経済論特論 世界経済の歴史と現代を、マネーのグローバルな動きを中心に解説し、院生と議論することを目標とする。特に戦後史におけるマネーと企業、人と情報の動向に力点を置く。
中野 聡子 教授 経済学史特論 経済理論の歴史を扱う。現代の経済理論の原形がどのように形成され、時代の諸問題や思想背景とどのように結びついていたかを講義する。また欧州各国で展開された学説をできるだけカバーしたい。
西尾 敦 教授 数理統計学特論 数理統計学の基礎的な知識を身につけることを目標にする。
服部 圭郎 教授 公共政策論特論 公共政策の中でも特に環境政策、エネルギー政策、交通政策、都市政策といった我々の生活の質に関係の深い内容に注目し、その政策の意義、目的、そして内容について講義を行う。
村田 玲音 教授 経済数学特論 経済学分野によっては数学を多用する。こうした方面に進む人のために、抽象度の進んだ数学、あるいは経済に近い問題に特化した数学を講義する。
齋藤 隆志 准教授 労働経済論特論 労働経済学における重要トピックを、テキストと関連論文に関する講義と輪読により学習する。各トピックについて理論的な考え方を示した後、実証分析を紹介する。
齋藤 弘樹 准教授 一般均衡特論 ミクロ経済学やゲーム理論に関する英文の文献の輪読を中心に、当該分野の学術論文を読むための基礎作りをする。
白井 誠人 准教授 日本経済論特論 日本経済の経済分析を、大学院レベルの専門知識・手法で行う。
中村 友哉 准教授 ゲーム理論特論 ゲーム理論のテキストを輪読して、戦略的状況を分析するための理論的枠組みを学習する。その上で、現実の戦略的状況の理論分析を試みる。
室 和伸 准教授 マクロ経済学特論 経済主体の最適化行動を考慮したミクロ的基礎づけのあるマクロ経済理論を学ぶ。
笹島 芳雄 講師 社会政策論特論 今日のわが国の労働者はどのような問題を抱えているのか、実態を踏まえた上で労働政策面でどのような改善が必要であるのか、を学修することが目標である。
林 仲宣 講師 租税法特論 租税法の適用と解釈における基本的な問題の理解。
増山 幸一 講師 金融論特論 急速に発展している現代金融システムの機能と特質を理解させることを目標とする。

入試情報