英文学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)
MAJOR OF ENGLISH LITERATURE

幅広い視野を養い、豊かな感性を磨き、英米文学・言語学を追究

文学研究科の英文学専攻は、英文学・米文学・英語学の3専修分野からなり、各分野における研究・教育の専門職に従事するのに求められる能力と学識を養うことを目的とします。設立50年を超える大学院の歴史の中で、修了生の多数が英米文学、英語学の研究者として、あるいは英語教育の専門家として活躍してきました。博士前期では文学(英文学、米文学)と英語学(統語論、音声学、意味論、社会言語学、言語習得論、英語教育学)の講義が、博士後期では英米文学と英語学に関する博士後期課程論文の執筆を目的とした研究指導の時間がそれぞれ設けられており、毎年他大学や社会人からも履修者の参加をみています。前期・後期の学生とも、11の大学と提携した「大学院英文学専攻課程協議会」に属する大学院(青山学院大学、上智大学、聖心女子大学、津田塾大学、東京女子大学、東北学院大学、東洋大学、日本女子大学、法政大学、明治大学、立教大学)の講座を受講し、単位を取得することができるのも特徴です。

TOPICS

大学院委託聴講生(単位互換)制度

英文学専攻は、協定を結んだ各大学院との間で単位互換ができる「大学院英文学専攻課程協議会」に参加しています。本専攻前期課程に所属する学生は下記の大学院の開講科目* を特別聴講生として聴講することで、10単位の限度内で本大学院の単位が認定されます。単位互換可能な大学院は、青山学院大学、上智大学、聖心女子大学、津田塾大学、東京女子大学、東北学院大学、東洋大学、日本女子大学、法政大学、明治大学、立教大学の11大学院です。
※本学文学研究科内の他専攻の科目も履修できるので、明治学院大学の英文学専攻に所属しながら、幅広い視野を持って研究を行うことが可能です。

* 受講可能な科目の分野は下記の通りです。
英文学系 小説・詩・演劇・文化・社会など
米文学系 小説・詩・批評・文化・社会など
英語学系 音声学・音韻論・統語論・英語教育学・社会言語学・語用論・コーパス言語学・意味論・異文化コミュニケーションなど
その他 英語史・比較文学・比較文化・文学理論など

給付型奨学金制度(学生海外研究奨励金)

文学研究科(英文学専攻・フランス文学専攻・芸術学専攻)博士後期課程に在籍する学生の研究支援を目的として、各年度6名に博士論文執筆のための海外における研究費用の一部(1人10万円、または20万円)を奨励金として給付します。

インタビュー


宮田 曜彰
英文学専攻
博士前期課程2年

普段の言葉に疑問を持つことで言語の奥深い世界が見えてくる

私は言語学のなかでも「統語論」という分野の研究をしています。例えば、日本語で「今日、来なかったよ、太郎は。」という文があります。通常の「今日、太郎は来なかったよ。」という語順とは違い、動詞の後に主語が続く文です。これは「右方転移文」といって、特定の条件を満たした場合にのみ意味の通った正しい文として使用できます。では、その条件とはなんなのか。なぜこのような仕組みが成立するのか。今は、英語に限らず、こうした「右方転移文」に秘められた決まりについて論文にまとめています。学部と大学院の大きな違いは、自分で課題を発見することで、あたりまえと言われていることについて疑問をもつことを忘れないようにしています。大学院は専門性が高く、様々な論文にアクセスでき、先生方の熱心なバックアップがあり、研究に集中できる環境に満足しています。専攻は英文学ですが、言語として英語を学ぶという枠に収まらない、言葉の持つ意味の奥深さを日々実感しています。

修了後の進路

進学、中学・高校・大学・予備校教員、大学・研究所職員、一般企業など

研究科ごとの修了後の進路(過去3年間の実績)

教授担当科目

氏名主な担当科目指導内容
青木 剛 教授 イギリス文学(20世紀小説) Virginia Woolfの“Mrs. Dalloway”を主な対象に、《意識の流れ》の技法を考察する。初学者のために、まず短編“Carlyle’s House”を読み《意識の流れ》の技法にある程度親しんでから、“Mrs. Dalloway”に進む。
生田 少子 教授 英語学(社会言語学) Interactional SociolinguisticsおよびSociopragmaticsの観点から主に日英語のinteractional discourseに焦点をあて、言語の機能を多角的に討究する。
笹田 直人 教授 アメリカ文学(19~20世紀小説) 私の専門分野を狭めて言えば、William Faulknerを中心にしたアメリカ南部小説・文化であるが、広く20世紀アメリカ文学の小説、批評理論、文化研究などについて取り上げ、研究を行っている。
佐藤 努 教授 英語学(音声学) 言語音の生成と知覚の基礎、さまざまな言語の音韻分析を学ぶ。母語話者の発音を分節素、超分節素のレベルで表記し、日英音声の特徴との相違をとらえる上での、音響音声学の基礎も扱う。
佐野 哲也 教授 言語学(言語習得論) ヒトが第一言語を容易に獲得できるのはなぜかという疑問に答えることを目指して、生成文法理論を背景に幼児の言語能力の分析を行う。
富山 英俊 教授 アメリカ文学(詩・批評) アメリカ詩について学び、高度な読解・解釈能力を培う。その上で詩史の概要を把握し、文化史・社会史・批評史との関連を把握する。
林 完枝 教授 イギリス文学(19~20世紀小説) 19世紀イギリス小説とヴィクトリア朝小説について理解を深める。特に女性の表象やマイノリティ文化などについて考察する。
松本 一裕 教授 アメリカ文学(小説・批評) ヴェトナム戦争の帰還兵たちは、語りたくても語れないような戦場の記憶をどのように表現しようとしてきたのか?この問いを追究することで、記憶と表現の問題を理論的に考える。
Charles Browne 教授 英語学(英語教育学) This graduate level course will help students to explore topics in EFL education at an advanced level. Students will also be expected to read widely in different areas of SLA.
Michael Pronko 教授 アメリカ文学(現代小説・文化) American Literature and Culture. Courses in contemporary short stories,novels and film adaptations. Culture courses include American art, music and fiction film, as well as documentary film. Narrative theory, psychoanalysis and cultural theory from the approaches.
貞廣 真紀 准教授 アメリカ文学(19世紀小説) ThoreauやMelvilleを中心に、アメリカン・ルネサンスから世紀転換期までの作品を分析する。New HistoricismやPsychoanalysis、Queer Theory等の批評理論を幅広く学習し、19世紀アメリカ文化史、文学史の多角的な再構成を目指す。
杉田 由仁 准教授 英語学(英語教育学) 英語教育学の基盤となる第二言語習得研究の知見を概観し、これまでに各研究領域で展開され構築されてきた理論が、日本の教室における英語教育にどのように応用できるのかを考える。
平岩 健 准教授 言語学(統語論・生成文法理論) Minimalist Programの枠組みで綿密な言語データ観察とフィールドワーク研究に基づき人間の言語能力の普遍性と多様性のメカニズムを解明することを目指す。
Paul Hullah 准教授 イギリス文学(詩) Considering mostly, though not exclusively, British poetry of the Romantic, Victorian, and Modern periods, including some rock-song lyrics, we will discuss and creatively interpret a selection of texts from a variety of critical viewpoints.
本多 まりえ 専任講師 イギリス文学(演劇) イギリス演劇、主にシェイクスピアの作品に焦点を当て、作品を言葉・上演・時代背景といった観点から考察し、特に演劇(舞台作品)の特異性に注目したい。
島田 純理 講師 言語学(意味論) 自然言語の表す意味を形式的・論理学的な手法で研究している。主な関心は量化、数、物質名詞、出来事など。また形態論・統語論・語用論と意味論との関係にも強い関心がある。

入試情報