フランス文学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)
MAJOR OF FRENCH LITERATURE

フランス文学、文化を斬新な視点から研究する

フランス文学専攻は、かならずしも「フランス」や「文学」に縛られることなく、さまざまなテーマや対象について自由で幅広い研究のできるところです。フランス語で書かれた文学の研究を中心としながらも、従来のアカデミズムの枠を超えた現代的な発想と視野と方法を重視しており、文学・芸術・文化の諸領域を総合的にとらえることによって、21世紀を積極的に生きるための知識と感性と創造力を養成することが目標です。「テクスト性」コースでは、中世から現代までのさまざまな作品について、実証主義とは一線を画したかたちで、文学テクストそのものの多角的研究を行います。テクストの内容や形式はもちろんですが、創造の諸条件、意味の生成、相互テクスト性など、あらゆる観点からの考察を目指します。「モデルニテ」コースでは、20世紀フランスから世界へと広まっていった新しい文学・芸術・思想を越境的に研究します。いわゆるフランス文学にとどまらず、あらゆる文化事象が現代的視点からの研究の対象になりうるわけで、そうした研究においては、自分自身が現代世界をどう生きてゆくかも問われることになるでしょう。本専攻では、教授と学生(卒業生なども含む)との密接な交流を重視しています。また留学制度も整っており、8大学提携による他大学との単位互換制度もあります。そうした豊かな環境の中で、院生一人ひとりが将来への多様な道を切りひらいてゆくことこそが、われわれの願いです。

TOPICS

長期留学制度

レンヌ第2大学およびエクサンプロヴァンス政治学院への1年間の長期留学制度があります。フランスの大学の正規の授業をフランスの学生といっしょに受講することができます。

大学院委託聴講生(単位互換)制度

大学院委託聴講制度とは、協定を結んだ各大学院に在籍している学生が、所定の規則に沿って他の大学院の開講科目を履修し、その単位が認定される制度です。フランス文学専攻では青山学院大学、学習院大学、白百合女子大学、上智大学、獨協大学、武蔵大学、明治大学の7大学院と提携を結び、10単位の限度内で、修得単位を課程修了所要単位として認めています。研究をより充実させるため、指導教授と相談の上、有効に活用して下さい。

給付型奨学金制度(学生海外研究奨励金)

文学研究科(英文学専攻・フランス文学専攻・芸術学専攻)博士後期課程に在籍する学生の研究支援を目的として、各年度6名に博士論文執筆のための海外における研究費用の一部(1人10万円、または20万円)を奨励金として給付します。


ホームページ(http://www.meijigakuin.ac.jp/french/graduate_school/)
大学院生による座談会「わたしたちの大学院について」「わたしたちの研究について」で、フランス文学専攻のことが詳しく説明されています。

インタビュー


勝山 絵深
フランス文学専攻
JASSO海外留学支援制度 (大学院学位取得型)でパリ第7大学に留学中

明学ならではの温かい校風ときめ細かな指導体制

明治学院大学に進学したのは、私が明治学院高等学校出身ということもありますが、協定留学制度があったことが最大の理由です。選考試験に受かってフランスに1年間留学し、他国の学生の語学力の高さ、フランスの学生の知識の豊富さに衝撃を受けて帰国し、大学院に進んでさらに知識を深めたいと考えるようになり、結局10年近く明学で学ぶことになりました。学部生の時にも感じましたが、明学の良いところは学生と先生の距離が非常に近いことで、学問上の指導のみならずいろいろ親身になって相談に乗っていただく機会がたくさんあります。特に大学院では学生数が少ないこともあって、温かくきめ細かい指導が受けられます。大学院では授業内容が専門的になり、課題も多くなりますが、先生方との深い信頼関係があったからこそくじけずに研究を続けることができ、博士前期課程を終えてから、「学ぶ楽しさ」が少しずつ感じられるようになりました。研究の道は長く険しいものですが、初心を忘れず、これからも確かな一歩一歩を積み重ねていきたいと思います。

修了後の進路

進学、出版社、映画会社、文筆業、雑誌編集、画廊、写真スタジオ、ワイン輸入販売、都市銀行、生命保険会社、大学病院事務、コンピューターSE、印刷会社、テレビ局など

研究科ごとの修了後の進路(過去3年間の実績)

教授担当科目

氏名主な担当科目指導内容
朝比奈 弘治 教授 19世紀フランス文学 フロベール、ゾラ、ヴァレス、ヴェルヌ、ロビダなど19世紀後半の小説が主な研究領域。同時代の挿絵や戯画、クノー、ペレックなどウリポ系の作家、翻訳論などにも関心がある。
石川 美子 教授 風景論、自伝文学、現代批評 18世紀における「風景の発見」と「崇高」の概念をめぐる風景論と風景画。それに関わる旅行記作品の分析。あらゆる時代の自伝文学と自伝理論。ロラン・バルトを中心とした文芸批評。
慎改 康之 教授 20世紀フランス思想 ミシェル・フーコー、ジル・ドゥルーズなど、20世紀フランスを代表する哲学者たちの著作の分析を行う一方で、映画や絵画などの芸術作品に対する哲学的アプローチを試みている。
杉本 圭子 教授 フランス近代小説・旅行記 19世紀のフランス小説および旅行記、特にスタンダールの作品を中心に研究。大革命による社会の激変が男女の風俗や個人の価値観、歴史観にもたらした変容をテクストの中に探る。
西岡 芳彦 教授 フランス社会運動史 「社会史」の記述スタイルの具体的な事例として、ギゾーとラブルースを取り上げる。次に1871年のパリ・コミューンに関する原史料を読み、その内容を運動史の視点から分析する。
湯沢 英彦 教授 19・20世紀の文学・芸術 19世紀以降の文学・芸術・文化など、 領域を横断的にさまざまな論点を扱う。「記憶」や「刻印」、あるいは「魂」や「身体」といった観点からモデルニスムの新たな読解を試みている。
Jacques LÉVY 教授 現代文学・翻訳論・精神分析 フィクションにおける語りの分析、翻訳の言語表現の特異性、精神分析理論によって拓かれる言語論の可能性などをテーマに、文献の読み方とフランス語での論述や要約の方法を教える。
齊藤 哲也 准教授 シュルレアリスム・表象文化論 シュルレアリスムの文学・絵画・写真・映画などを理論と歴史の両面から研究。同時代の文学・芸術との差異をつうじて、モデルニテについての言説の再構築を試みている。
田原 いずみ 准教授 フランス語学 フランス語を文法(時制、人称など)やその他(ヴァリエーション、フランコフォニー、フランス語史など)多様な側面から考察する。同時に、言語学の知識、分析法を身につける。
畠山 達 准教授 フランス近代詩・教育史 フランス近代詩全般を扱う。特に詩法・レトリックの観点から詩作品を読み解く。詩人が言葉に込めた意味を様々な角度から徹底的に追求し、言葉の持つ力や効果について検討する。「詩」とは何か考える。
有田 英也 講師 幼年時代の回想と精神分析、神話、言語論 詩人、民族学者、美術批評家、自伝作家など多様な顔を持つミシェル・レリスの自伝を読みながら、フランスにおける文学的自伝の革新を、学的<知>の中に跡づける。
岩切 正一郎 講師 フランス近・現代詩 「現実」を詩的価値へ変換する詩の表象システムについて研究し、また演劇作品を通して言語の問題について考えている。授業ではボードレール、ベケットなどを扱う。
巖谷 國士 講師 現代の文学・芸術、そして旅 現代のシュルレアリスムを中心に、各国・各時代の文学・美術・写真・映画・演劇・舞踏・モード・都市・旅など、さまざまな分野の研究をする。各分野のゲストを招くこともある。
長谷 泰 講師 フランス18世紀文学 古典悲劇の向こうを張った音楽悲劇というフランス特有のバロック・オペラと、その重要な要素バロック・ダンスを淵源とするいわゆるバレエの文学的側面=バレエ台本の研究。

入試情報