スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパスのイベント情報など大学のホットな話題をお届けします。

2016.10.11 | CATEGORY 入試情報

自己推薦AO入試合格体験レポート

こんにちは!入学インフォメーションです。

 本日は自己推薦AO入試で合格した先輩からメッセージをいただきましたので、
ご紹介したいと思います!

 現在、法学部消費情報環境法学科4年に在籍するY・Nさんに、以下の3点を伺ってみました。

 

Q1. 明治学院大学への受験を決めた理由、そして現在の学科を選んだ理由は?

高校3年次、私は漠然と法学部へ進学したいと思っていたのですが、同時に情報技術にも関心があり、両方学べる学科があればと思い、大学を探していました。その中で、先輩が進学したということもあり、たまたま明学のパンフレットを取り寄せてみたところ、両方のことを学べる消費情報環境法学科の存在を知り、ぜひこの学科で学びたい!と考えるようになりました。そして、オープンキャンパス等で実際にキャンパスに訪れ、都会にありながら落ち着いた雰囲気のある立地環境も魅力に感じ、迷うことなく受験することを決意しました。残念なことに指定校推薦を取ることができなかったので、他の入試形態での合格を目指し、少しでもチャンスを増やすことができれば・・・という考えでAO入試を受験し、無事合格することができました。

 

 

Q2. 自己推薦AO入試を受けるにあたって、対策したことは?

AO入試で合格することができなかった場合も考え、一般入試の対策も並行して行っていました。そのため、英語は単語力などある程度の力がついた状態で受験したと思います。ただ、AO入試の傾向を自分なりに分析し、前置詞を多く覚えることを意識していました。センター試験等とは趣の異なる問題が出題されるので、過去問に目を通して出題傾向を確認することをおすすめします。小論文は、新聞記事が題材になることが多いということもあり、その日の記事について自分の考えを簡潔にまとめるといった事を継続して取り組みました。こうすることで、どのような記事が出てもある程度は意見が書けるようになるので、当日焦らずに済むのではないかと思います。面接は“自分は明学で学びたい!”という気持ちを面接官に率直に伝えることが大切です。おそらく、難しいことではあると思いますが、指定校推薦で合格した友人等とともに面接練習をすることで、話し方のコツが分かってくると思います。勉強の息抜きにもなりますので、おすすめです。

 

 

Q3.最後に受験生の方へメッセージをお願いします!!

私は大学入学後、ボランティアの経験等を通して、“公務員になりたい!”と考え、公務員試験に挑戦しました。結果として、大学のサポートのおかげもあり、本年度の試験に合格し、来春から地方公務員として働く予定です。明治学院大学では、授業以外にも様々なことにチャレンジできる機会が用意されているだけでなく、夢の実現をサポートしてくれる制度が整っています。実際、自分ひとりの力だけでは公務員試験に合格することはできなかったと思います。受験生の皆さんも、今が一番不安な時期だと思いますが、自分を信じて挑戦することが大学入試では一番大切だと思います。頑張ってください、応援してます!!


  
いかがでしたか
 皆さんのご参考になりましたら幸いです。
急に寒くなりましたが、体調管理に気をつけて引き続き受験対策に臨んでくださいね。