スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパスのイベント情報など大学のホットな話題をお届けします。

2017.12.15 | CATEGORY 入試情報

一般入試合格体験記①

こんにちは!入学インフォメーションです。
今年も残りわずか…。入試日も近づいてきました!

本日は、少しでも受験生の皆さまのお力になれるよう、
一般入試A日程で合格した明学生からの合格体験記をお届けします!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
今回は、経済学部経営学科1年生からのメッセージとなります!

Q1. 明治学院大学への受験を決めた理由、そして現在の学科を選んだ理由は?

明治学院大学は、担任の先生に志望校の1つとして勧めていただいた大学でした。キャンパスが横浜と東京の二カ所にあり、どちらのキャンパスも落ち着いた雰囲気が感じられるところや、少人数教育に力を入れていることに惹かれて入学を希望しました。
私は社会人になって役に立つような勉強を大学ではしたいと思っていました。当時は、アメリカの大統領選挙がビッグニュースで、新聞やテレビで目にすることが多くありました。このことを機に世界経済について興味を持ったのが経済学部に入りたいと希望した理由です。
実は明治学院大学の経済学科、経営学科ともに合格をいただいていたので、どちらの学科に進学するか悩んでいましたが、その頃は私たちの身近にある商品がどうやって商品化され、私たち消費者の手に渡るのか勉強したいと思い、経営学科のほうを選びました。

 

Q2. 一般入試を受けるにあたって、対策したことは?

英語に関しては、最近の話題(私が受験した頃は「18歳選挙権」「エコバッグが必要かどうか」など)から自分の意見を述べる必要がある問題が苦手だったので、新聞から情報を集めつつ、自分はどう思うか考えて英語に置き換える練習をしていました。日本語で説明できても英語に置き換える事が難しかったことを覚えています。直前まで英語の先生に添削してもらいました。特に、問題に対してイエスでもノーでも書けるような練習もしていました。
社会に関しては私立文系の問題はかなり難しく、細かいところまで見ないと点が取れない事を痛感していました。他大学の問題も多く解いてなるべく“どこかで見たことがあるな、この問題”というところまでやろうと思って取り組んでいました。教科書に書いてあるちょっとした記述も見落とさないほうが良いと思います!

Q3.最後に受験生の方へメッセージをお願いします!!

受験は一発勝負のようなところもあって、努力したら必ず良い結果が返ってくるとは言い難いですが、どんな大学に入学したにせよ、受験期で培ってきた忍耐力、英語力、自分の感情をコントロールする力などは大学入学後や大人になっても大切なことだと思うので、今の努力は無駄になりません!最後まで諦めずに頑張ってください!!
私自身も受験期が一番勉強しましたし、感情が爆発した事もたくさんありました。でもそれを乗り越えて、今は楽しい学生生活が送れています。受験は皆さんの未来を決める大きなイベントでもあると思うので、悔いのないように受験までの時間を過ごして欲しいです。
来年の春に皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

 
  
いかがでしたか?
毎日、忙しく大変な時期かと思いますが、
寒さも本格化してきましたので、どうか体調管理に気をつけつつ、

受験を乗り越えてくださいね。