スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパスのイベント情報など大学のホットな話題をお届けします。

2015.10.01 | CATEGORY 入試情報

自己推薦AO入試合格体験レポート③

こんにちは!入学インフォメーションです。

本日から自己推薦AO入試の出願期間に入りましたね。

※自己推薦AO入試の出願期間は10月14日まで(締切日消印有効)となります

今回以前自己推薦AO入試で合格した先輩からメッセージをいただきました。

現在、法学部消費情報環境法学科3年に在籍するYNさんに、以下の3つの点を伺ってみました。

yn

出身高校:神奈川県 上溝南高等学校

所属学科・学年:法学部消費情報環境法学科3

課外活動:学外で会津の子どもたちへのボランティアを行っています。

 

Q.自己推薦AO入試の受験を決めた理由、現在の学科を選んだ理由を教えてください。

A.高校時代、たまたま友人に勧められて明治学院大学のパンフレットを見たとき、法律学と情報学などを横断的に幅広く学べる消費情報環境法学科の存在を知りました。

法学部を目指しつつ情報系の分野にも興味があった自分にとって、やりたいことをどちらもできると考え、この学科を志望しました。

やはり、法学部で情報教育にも力を入れている学科は稀有な存在であったので、この学科で学びたいと強く思ったのがきっかけです。

少しでも合格できるチャンスが広がるなら・・と思い、一般入試も視野に入れつつ受験することを決心しました。

 

Q.自己推薦AO入試を受けるにあたって、対策したことを教えてください。(小論文、面接、提出書類など)

A.一般入試の対策も視野に入れ、並行して行っていました。

英語は基本的に一般入試対策の延長としてやっていましたが、小論文と面接は個別の対策が必要です。

過去問題を参考にしながら、いろいろと試行錯誤して行っていました。

小論文に関しては、まずは文章を読むスピードを上げることが必要と思い、息抜きも兼ねて文庫本などを読みました。これは一般入試の現代文の対策に近いですが、長文に慣れるという意味ではよかったと思います。

また、意見を考える力をつけるために、新聞やテレビのニュースをみて、興味をもったニュースについて自分の意見をまとめる訓練を毎日継続して行いました。

面接については一人では対策できないので、友人に面接官になってもらって一緒に練習していました。

小論文でも言えることですが、第三者にも見てもらったり添削してもらうと自分では気がつかないことに気がついたりと、客観的思考が養えると同時に、かなり役立つと思います。

 

Q.自己推薦AO入試に臨むにあたって、受験生の方にメッセージをお願いします。

A.一番大事なのは、「明治学院大学に入りたい!」ということを、自分の言葉で全力で伝えることだと思います。そのために、面接などでは自分に自信を持って臨むということが大事なのかなと思います。

今になって考えてみると、「自分がなぜこの大学を目指すのか?」「どうしてこの学科を志望したのか?」といった志望動機や進学理由を真剣に考える良い機会でした。

(学力試験では測れない受験生の意欲や資質を見てくれる入試制度だと思います)

これまでの高校生活で培ってきた経験や能力のすべてを、全力で出しきってください!

皆さんの頑張りを心から応援しています!!

 

いかがでしたか?

気候が変わる時期なので体調管理に気をつけて、引き続き受験対策に臨んでくださいね。

(Y.H.)