スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパスのイベント情報など大学のホットな話題をお届けします。

2015.12.01 | CATEGORY 入試情報

一般入試合格体験記~在学生からの合格激励メッセージ②~

こんにちは!入学インフォメーションです。
今回は一般入試A日程で合格をした3年生から激励メッセージが届いています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「最後まで決して諦めない。やり続ければ必ず努力は報われます!!」

経済学部経営学科3年 Y・Nさん
私立捜真女学校高等学部出身

<明治学院大学を志望した理由は?この学科を志望した理由は?>

明治学院大学を志望した理由は、この大学には都心のおしゃれな白金キャンパスと緑豊かで環境の良い横浜キャンパスが両方あることと、先生に勧められたことが理由でした。

g1

経営学科を志望した理由は、私は小さいころから買い物が好きで、「明治学院大学でマーケティングや経営学を勉強して、将来は商品を買ってもらう立場で、大学で学んだことを仕事に生かしたい」と思い、実践的で多様な経営学が学べる経営学科を志望しました。

(経営学科にはオンラインショッピングなどインターネット上のマーケティング理論や、消費者行動学などが学べるほか、実際の経営者の方の講義やビジネスプランコンテストが行われ、社会に出てからの実践力を養えることも魅力的でした。)

 g4

<12月からの受験勉強で気をつけた方がいい注意点などは?>

私が一番気をつけていたことは「今までどおりのスタイルを貫く」ということです。12月に入り過去問の点数が取れなかったりすると誰でも焦ると思います。けれど、そのときに焦って違った勉強法やテキストに手を出すのではなく「自分が今までやってきた勉強法やテキストでやれる方法はないか」といったん立ち止まって考えてみる、ということをしていました。

g2

<ズバリ、「これは効果があった!」と思う勉強方法は?>

大学受験を振り返って「この勉強方法をやってよかった!」と思うのは二つあります。
一つは「英語の音読」、もう一つは「学校で勉強する」ことです。

■英語の音読について
私は、英語の文法テキストなどに出てくる短い一文から少し長めの文章まですべて音読をしていました。そうすることで、単語の発音問題からリスニングまでさまざまな英語の問題に対応している勉強法だったと思います。

■学校で勉強することについて
私は元々自分の部屋で勉強することが苦手で、テスト勉強などはいつも学校の図書館で行なっていました。図書館で勉強することで「あの子も頑張っているから私も頑張ろう!」と思えるようになるし、共に受験を戦う同士で励ましあったりしていました。そのようなことがあったおかげで私は大学受験を乗り切れた気がします。

 g3

<苦手科目の対策で取り組んだことは?>

私は英語が苦手科目でした。明治学院大学の一般入試のA日程は英語の割合が他の科目より少し高いこともあり、この対策にはかなり真摯に向き合いました。そこで私が取り組んだ勉強法は「常に基礎を怠らない」という勉強方法を行っていました。英単語の勉強は受験が終わるまで繰り返し行っていました。また、少しでもわからないところがあればすぐ先生に質問に行っていました。

明治学院大学の入試の傾向として「英文エッセー」があげられると思います。私は、教科書ですでに勉強済みの和文英訳や英作文の1セクションを使って再度英作文を作る、そしてそれを添削してもらう、という勉強法を行っていました。最初はボロボロでしたが回数を重ねていくうちに当日は自分の中では満足のいく英文エッセーを書くことができた、と思っています。

 g5

<受験生の方に、合格激励メッセージをお願いします!!>

私がよくオープンキャンパスに訪れる受験生にアドバイスしていることとして、「私でも受かったのだから、必ず乗り越えられる」ということです。確かに大学受験はとてもつらいものです。正直、何度ももうやりたくない、と思ったこともあります。けれど、振り返ってみると「受験勉強を最後までやり続けてよかったな」と思います。私はギリギリまで成績が上がらず「もうどこにも受からないのでは・・・」と何度も思いました。しかし、諦めなかった自分がいたからこそ、明治学院大学に合格したのだと思います。

「諦めなければ必ず報われる」という言葉を信じて、残り少ない時間を体調に気をつけて、受験勉強に励んでください。

皆さんも私と同じように、合格できることを心から願っています。

 g6

いかがでしたか?

これまでの受験勉強の積み重ねが、最後に実を結びます。

今は苦しい時期かと思いますが、最後まで決して諦めず適度に休憩をしながら受験勉強に臨みましょう。

皆さんの頑張りを心から応援しています!

(Y.H.)