スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパスのイベント情報など大学のホットな話題をお届けします。

2015.12.09 | CATEGORY 入試情報

入試合格体験記~在学生からの合格激励メッセージ⑤~

皆さん、こんにちは!入学インフォメーションです。

いよいよ冬休みに突入しますね。

受験生の皆さんはこの時期、体調を管理しながら毎日の生活リズムを崩さないよう、受験勉強に臨みましょうね。

さて、今回も一般入試A日程・センター利用入試(前期)において、ダブルで合格した法学部政治学科の2年生から合格激励メッセージが届いていますので、ご紹介します。

 

「受験は全力勝負!気力と体力で乗り越えましょう」

法学部政治学科2年 K・Yさん

私立駒込高等学校出身

12211 

<明治学院大学を志望した理由は?この学科を志望した理由は?>

高校の先生に、「明治学院大学はアットホームな雰囲気の大学だから、とても過ごしやすいよ」と勧められ、明治学院大学を志望しました。

また、その中でも政治学科が少人数で先生との距離が近いことも魅力の1つでした。

政治学科は歴史、法律、社会問題など多種多様なことが学べる学科です。

「人を動かし、国を越えて世界を動かす原動力」となる政治学に興味があったのもありますが、授業科目の選択肢が広く、自分の可能性を目いっぱい広げられる政治学科を選びました。

12214

 <12月からの受験勉強で気をつけた方がいい注意点などは?>

模試や過去問の結果に気をとられないことです!

センター試験、一般入試が始まる時期でも、自分が思っているより学力が伸びます。ただし、一度間違った問題は「本番は絶対間違えない!」と強く思うようにしていました。

最初は過去問も解けず、どうしたらよいか分からないこともありましたが、落ち着いてコツコツと対策すれば徐々に慣れていきます。

また、12月はイベントが多く誘惑が多い時期ですが受験生は忘れましょう!

来年、自分が明治学院でクリスマスイベントに参加していることを思い浮かべ我慢しながら、とにかくポジティブに考えるようにしていました。体調管理も、寒暖の調節がしやすい服装をするなど風邪をひかないように気をつけましょう。

 12213

<ズバリ、「これは効果があった!」と思う受験勉強方法は?>

英文エッセーの対策です。高校のネイティブの先生に書いた過去問の英文エッセーを添削してもらっていました。初めはかなり厳しい状況でしたが、添削によって徐々に書けるようになるので、受験本番は英文エッセーを書くのが楽しかったです。

英語以外も、過去問を解いてわからないところは必ず高校の先生に質問していました。

「理解したつもりでいる」ことがなくなり、つらい時期には先生から励ましの言葉をいただいたので不安の解消にもなりました。

 

12212

<苦手科目の対策で取り組んだことは?>

国語が苦手だったので、問題を多く解くよりも解説を丁寧に読むように意識していました。

たとえば、文章を読み進める中で常に「筆者の主張」に注目して、最終的な答え(要旨)が見つけられるよう心がけていました。

そうすると、解き方が自然と身について、徐々に解けるようになっていきました。

初めは時間がかかりますが、1度解けるようになると、ミスをしなくなったので、最終的には他の科目の勉強に時間を多く割くことができました。

 12215

<受験生の方に、合格激励メッセージをお願いします!!>

今、受験を乗り越えて念願の大学生になってみて、受験勉強を振り返ると「あのとき苦労しながらも頑張ってきたから、今の楽しい大学生活がある」と思うことが多々あります。

受験時代の苦労は、どんな結果になったとしても必ず意味のある苦労です。入試は自分との戦いです。

困難にぶつかったとき、受験勉強で得た経験が今後の人生で何度も役立つでしょう。

全力で頑張れば、必ず満足のいく結果が出ます。

最後まで諦めず、後悔しないように全力で取り組みましょう!

 

いかがでしたか?

入学インフォメーションは12月24日(木)から2016年1月3日(日)まで冬季事務休業期間のため閉室します。

※なお、12月23日(水)も祝日のため閉室します。

■窓口休業期間のご案内

http://www.meijigakuin.ac.jp/admission/information/topics/madoguchi/

※12月28日(月)の12時以降~2016年1月3日(日)の間に本学資料請求ページから資料請求(願書等)された場合、2016年1月4日(月)から順次発送します。

※冬季事務休業期間中でも、願書および大学案内は、本学白金・横浜両キャンパスの守衛所にて無料配布しています。

くれぐれも体調管理に気をつけて、どうぞ良いお年をお迎えください。

(Y.H.)