スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパスのイベント情報など大学のホットな話題をお届けします。

2017.01.05

一般・センター入試合格体験記⑤(最終回) *゚+.*.~明学生から受験生の皆さんへ~゚+..。*゚

皆さん、こんにちは!入学インフォメーションです。

合格体験記第5弾!いよいよ最終回となりました。
今回は、国際学部国際キャリア学科1年のM・Aさんからいただいたメッセージをご紹介します!!

◆明治学院大学への受験を決めた理由、そして現在の学科を選んだ理由◆

将来、客室乗務員になりたいと思っているので、その夢に向かってスキルアップできる大学、と考えたところ明治学院大学国際学部に辿り着きました。都内近郊にも国際関連の学部を持つ大学はたくさんありますが、明学の国際学部は、入学時に専攻が決まっておらず、大学で様々な分野の知識を身につけた後に自分の専攻を選べるところに魅力を感じました。一つのトピックに関して政治や経済、文化など多角的なものの見方ができるようになる力が養われるのも、この学部の魅力の一つです。                                                                   


◆一般・センター入試を受けるにあたって対策したこと◆

【センター入試】
センター試験で重要なのは、基礎を固めることと時間配分に気をつけることです。
「基礎を着実に」が重要なので、

・英単語帳の最初の1000words
・世界史の教科書の太字
・古文単語帳の最初の150語

を考えなくてもパッと意味が出てくるくらいまでのレベルに仕上げるといいでしょう。
(そこのレベルに到達するまでがかなり大変なのですが…笑)

私は10年分の過去問題を用意して、高三の夏以降に3~5回ほど解きました。各予備校などで開催される模試を定期的に受けて、自分の実力を知ることも大切です。


【一般入試】

英語の大問3(要約)と4(エッセー)が特徴的です。最初は難しく感じるかもしれませんが、明学は学部ごとに問題の傾向が変わるわけではないので、一回論理的なエッセーの書き方を覚えてしまえば、必ず自分の強みになるはずです。世界史や日本史では稀に教科書の範囲外の単語が問われます。ですが、そこが正解でなくても合格している生徒は沢山います。大切なのは誰もが正解するような基礎的な問題で着実に点を取ることです。国語では、漢字の書き取りと読みの問題が10問でます。マーク形式では点を取れても実際に書けないという人は要注意です。

◆受験生の方へメッセージ◆

私は入試一年前のセンター同日試験で英語の偏差値が39.5という、ある意味驚異的な数字を叩き出しました(笑)
そこから、このままではまずい!と思い、がむしゃらに一年間頑張った結果、センター利用で経済学部国際経営学科、一般入試で国際学部国際学科に合格を頂きました。大本命だった国際キャリア学科は補欠という結果でしたが、なんと3月の中頃に繰り上げで合格し、進学が決まりました!入試はなにが起こるか最後までわかりません。自分がやってきた勉強に自信が持てるように、最後まで諦めずに頑張ってください!
ちなみに勉強を始めてすぐに成績が上がるということはなかなかありません。私の場合、目に見えて成績が上がり始めたのは10月頃、受験勉強を始めてなんと約8ヶ月後でした。伸びない時期が一番辛いと思いますが、ここの期間で粘れた人が最後に勝つと思います。
頑張れ受験生!!!!!!!

いかがでしたか?
明治学院大学の一般入試まで残すところ約1ヶ月。ラストスパートですね!

受験勉強はつらい時もあることと思いますが、
今のがんばりが将来、思わぬ形で役立ったりもします。
焦らず、根気強く、最後までがんばってください!
私たちも引き続き、皆さんのことを応援しています!!

これからも明治学院大学キャンパスブログでは、
出願情報等、受験生の皆さんに耳よりな情報をお届けしていきます!
勉強の息抜きに、ぜひチェックしてくださいね☆

ブログ更新の際はTwitterでもお知らせします。
Twitterはこちらから