スマートフォン版を表示

教職員の健康診断

学校保健安全法第15条、労働安全衛生法第66条(労働安全衛生規則第44条)により、原則として年に一回健康診断を受診することが義務付けられています。 結核は過去の病気ではありません。全国的にみると学校での集団感染も、毎年報告されています。年に一度は胸部レントゲン撮影を必ずお受けください。

受診項目

胸部レントゲン撮影は全員対象となります。その他の受診項目は、個人宛てに通知いたします。

日程

2017年度より学内の教職員健康診断は年1回のみの実施となります。
健康診断の日時については、こちらをご覧下さい。学内受診が出来ない方には健康診断終了後個別にご案内いたします。

学外で健康診断を受診された場合

人間ドックや住民健診を受診された方は、その結果をお持ちいただければ、当概年度の健康診断の代用となります。
学内での受診を希望されない場合はご連絡下さい。

5年間連続して未受診の方

5年間連続して健康支援センターないし、外部医療機関での健康診断結果を確認できない方は、健康管理上の理由により学長に報告しています。

非常勤講師の方

胸部レントゲン撮影結果提出のお願いについて、ご案内を配布しております。結果提出にご協力をお願いいたします。
本学の教職員定期健康診断時に胸部レントゲン撮影を受診できます。(無料)
詳細は定期健康診断実施前に教員ラウンジに掲示いたします。