MG NEWS 3月前半号(電車車内広告)

MG NEWSは月ごとに東急線・京急線の車内にて大学の旬な情報を発信しています。


<3月前半号掲載内容>
法学部法律学科「成年後見制度」の講義を一般公開
「港区政策創造研究所」の初代所長に河合克義教授が就任
春の白金オープンキャンパス 3月26日(土)
MG NEWS3月前半号



法学部法律学科「成年後見制度」の講義を一般公開

正しい法制度を理解し、年齢や障害をこえて「ともに生きる」ことができる社会の構築をめざします


2000年4月にスタートした成年後見制度とは、加齢や障害によって判断能力が減退した方の権利を擁護し、支援する制度です。
この制度の普及のためには、成年後見制度について正確な知識を持った一般市民の方を増やす必要があります。
法学部法律学科では、地域貢献の一環として、この制度を学ぶ授業(法学部の正規授業科目)を無料で公開します。


日時 : 4月8日(金)~7月15日(金) 毎週金曜日 全14回
   「成年後見法制1」3時限(13:05~14:35)
   「比較成年後見法制」4時限(14:45~16:15)
担当教員 : 黒田美亜紀(法学部准教授)
場所 : 明治学院大学白金キャンパス
受講料 : 無料
受付期間 : 3月28日(月)~4月7日(木)
定員 : 50名
お申し込み・お問合せ先 : 明治学院大学 法律科学研究所 Tel 03-5421-5209(平日10:30~18:00)



「港区政策創造研究所」の初代所長に河合克義教授が就任

住民のよりよい生活支援につなげる政策創造のため、地域の調査・研究を行います


2011年2月1日、東京都港区は、地域のニーズや動向把握の調査などを通じて、政策創造につなげる「港区政策創造研究所」を同区役所の4階に開設しました。
その初代所長として、長年、港区に在住する高齢者の実態調査に基づく研究を行ってきた本学社会学部の河合克義教授が就任いたしました。
港区の職員とともに、調査・研究を通して新たな政策の方向性を見出し、区の政策創造に貢献する研究所をめざします。

港区ポータルサイト「港区政策創造研究所を開設しました」


春の白金オープンキャンパス 3月26日(土)

4月から高校3年生になる皆さんに、大学の魅力や最新ニュースをお伝えします


入試に関する説明や個別相談、教員による学部・学科紹介など様々な角度から明治学院大学をご紹介します。
また、昨年11月にNHKのテレビニュースでも紹介されたグループワーク「ヘボン塾朝稽古」の成果発表の場として、
在学生が学部・学科の魅力、大学のサポートシステムなどをわかりやすく紹介します。

開催時間 : 10:00~15:00 ※プログラム等の詳細はこちらをご覧ください。
お問合せ先 : 入学インフォメーション Tel 03-5421-5151