キャリアセンターのミッション


  キャリアセンターのミッションは、学生のキャリアデザインを総合的に支援することです。キャリアデザインとは、職業の選択をはじめとする自分の社会生活を自ら主体的に計画することを言います。

  高校時代までは、親をはじめとして周囲の人々が敷いたレールを走ればよかったかもしれません。しかし、大学時代からは、すべての事柄を自分で選択することが求められます。自分の能力と適性、社会の状況をよく把握した上で、将来のために最善の選択を考えなければなりません。

  創設者ヘボンの生涯を貫く信念である“Do for Others ”(他者への貢献)を教育理念としている明治学院大学では、卒業後に社会に貢献するために必要な知識を取得し、必要な能力を養うことができます。その場合、専門的な知識と能力を身につけるだけでなく、身につけた能力を最も良く発揮して社会に貢献できる場所を具体的に考えることも重要です。

  キャリアセンターの職員は、大学の教育理念“Do for Others ”をキャリアセンターという場所で実現するために力を尽くします。学生のキャリアデザイン支援のために。

2007年度の目標

1.横浜キャンパスにおけるサポート体制を強化します
  これまで、キャリアセンターの学生に対するサポートは、白金キャンパスの上級生を中心におこなわれていました。国際学部の学生も、企業情報を得るために白金キャンパスまで足を運ぶことが多かったのです。そこで、横浜キャンパスのキャリアセンター分室機能を強化して、1、2年次生や国際学部の学生にも、総合的にキャリア形成支援をおこないます。
  ①掲示板・ポータルサイトによる広報活動を強化して、横浜キャンパスのキャリアセンター窓口来訪学生数の50%増を目標にします。そのために、スタッフの体制を強化し、学生に対して丁寧かつ的確な指導をおこないます。
  ②1,2年生向けのガイダンス、キャリア形成講座、そして公務員・教員対策講座を増やします。
  ③国際学部学生に向けた企業セミナーを横浜キャンパスで開催します。

 

2.学生への個別的対応を強化します
  キャリアデザインを真剣に考えるほど、自分の個性、他人との違いを意識せざるを得ません。同じ業種、業界を志望する学生でも、それぞれの能力や個性に応じて必要とされる支援は異なります。キャリアセンターでは、学生のニーズを見定めた個別指導に力を入れます。

  ①学生の書いたエントリーシート、履歴書の添削指導を行います。
  ②窓口終了時間にとらわれず、学生が納得するまで指導します。
  ③1人の学生の指導を複数の職員が担当し、複眼的な視点での評価をおこないます。

3.多様な進路に対応できる総合的なキャリア形成支援を目差します
  学生が必要とする支援は、進路によって大きく違います。キャリアセンターでは、進路に応じてきめ細かに学生を支援します。

  ①各学科のキャリア形成科目設置計画を支援し、設置後はその科目の運営に協力します。
  ②大学院生と留学生への支援をこれまで以上に強化します。