情報センターのミッション


  コンピュータを用いた教育研究設備の設置と運営を担う情報センターは、“Do for others”という大学の教育理念を、快適なIT環境提供という仕事を通じて実現することをミッションにしています。
  情報センターは、コンピュータのアプリケーションプログラム利用の講習会開催、また、ノートパソコンのネットワーク接続等コンピュータ利用の技術的サポートを通じた学生サービスにも心がけています。
  大学のIT環境についてお気づきの点、あるいはご要望がありましたら、遠慮なく情報センターの窓口で係員にご相談下さい。

2007年度の目標

1. IC学生証による出席管理システムを導入します
  履修科目の出席管理を、手書きの出席票の利用に代えて、IC学生証を用いるシステムの導入によっておこなう準備をすすめています。

2. パソコンのOSとアプリケーションプログラムの更新します
  本学にある600台以上のパソコンのOSはWindows XPですが、マルチメディアを円滑に活用できる Windows Vista への移行、それに伴うアプリケーションプログラムを更新します。

3. ネットワークシステム環境を整備し拡充します
  情報発信コンテンツのマルチメディア化に伴い、自宅からでも毎秒100Mビットの転送速度の利用も一般的になりました。そこで、MAINから外部へのインターネット接続環境を整備し、拡充する可能性を検討します。また、ネットワーク利用の拡充に伴って、接続するパソコンのセキュリティーシステムをより安全なものへと更新します。

4. モバイルスペースを整備し拡充します
  コンピュータ実習室でパソコンを利用するだけではなく、図書館や講義教室、あるいはフリーなスペースにノートパソコンを持ち込んで、レポートを作成したり、資料を収集・分析する機会が増えています。そのために必要なネットワークへの接続機器の整備し拡充します。