教務部のミッション


  大学の基本的な機能は研究と教育にありますが、教務部はその教育に関わる仕事すべてを取り扱っています。大学のなかで職員と学生が接触する機会が一番多い部署です。

  教務部は、“Do for Others”という明治学院大学の教育理念を念頭において、学生の勉学を支え、あらゆる局面で学生の成長のために力を尽すことをミッションにしています。

  教務部は、キャンパスで生活する学生、教員、そして職員それぞれすべてが、お互いに尊敬しあえるような関係の下で生活できるように心を砕いています。窓口をお訪ねいただく皆様にもご理解とご支援をお願いできれば幸いです。

2007年度の目標

1.学生支援を充実します
  窓口において、「一人の学生」の声にも耳を傾け、科目履修や単位取得が順調に進むようにサポートします。とりわけ、履修や単位取得が順調に進んでいない学生には、よりきめ細かな対応をします。

2.WEB利用を推進します
  「一人の学生」の声にも耳を傾けるためには、教員と学生すべてを一律に支援できるサービスとしてWEB利用を促進しなければなりません。しかし、それがサービス低下につながっては意味がありません。教員と学生に満足してもらえるようなWEB利用の手法を創ります。

3.学生の声と他大学調査により教務部を改革します
  学生の声を受け止めて、他大学の教務部の仕事の内容を調べ、調査結果を教務部の改革に生かします。