日下 元及 准教授

日下 元及 准教授

日下 元及
准教授

— アフリカ英語圏文学、英語教育

自己紹介・研究紹介

現代イギリス小説および、アフリカを中心とした英語圏の文学を専門にしています。 アイデンティティの問題に学問的関心があり、国家・人種・民族といった集団あるいはそれへの帰属意識が文学作品にどのように表象されているかを主に研究しています。具体的な研究対象はナディン・ゴーディマやオリーヴ・シュライナーといった南アフリカの作家や、チヌア・アチェベといったナイジェリアの作家の作品などです。彼女らの「よい子ぶらない」作風 – ときに苦悩し、ときに世の中の不条理やグロテスクさを包み隠そうとしない 姿勢 – に魅力を感じます。

文学研究と並行して英語教育にも強い関心があり、英文学の教え方やライティングの指導なども研究しています。こうした教育研究の成果を実際の授業にも活かせるように努めていますが、実際の授業は生き物(魔物かな?)ですから、必ずしもこちらが意図したとおりにはいきません。いや、むしろそこに教育の魅力があるのかもしれません。

授業やゼミを通じて、教師と学生、そしてもちろん学生同士、互いに知的な刺激を与えて合っていこうではありませんか。

教員一覧へ戻る