“英語力を活かして学ぶ”

英語で学ぶ専門知識

“英語力を活かして学ぶ”

3コース制

アメリカ文学コース
イギリス文学コース
英語学コース

1、2年次では英語の集中的学習に加え、「基礎演習」という専門分野に関する演習授業が行われます。ここでは3年次以降に進む専門コースを決める前に小・中規模クラスの演習授業で専門知識を学ぶことができます。3年次からはアメリカ文学コース、イギリス文学コース、英語学コースの3つのコースの中から学生が希望するコースを選択し、専門コースに応じた「3・4年次演習」 (ゼミ) 指導教員と学生との人間的なふれあいの中で、専門的な研究を行います。

また、英語教員に関わる科目はどのコースに所属していても履修することができ、英語教員免許は所属コースに関わらず取得することができます。

Academic
English Skills

3、4年次では専門科目を履修するだけではありません。明治学院大学英文学科ではAcademic English Skillsという英語ネイティブ教員による少人数制クラスで、専門科目と結びついたより高度な英語力を養成するカリキュラムを導入しています。英語を磨き、磨いた英語を活かして専門知識を学び論理的思考能力を養成する、そして専門知識を学習する過程でまたさらなる英語能力を身につける—英語と専門知識の学習が密接に結びついた環境を提供します。

少人数ゼミと
専門科目

コースが決まると、そこから希望するゼミに所属して専門分野を学びます。少人数の強みを活かし、ディスカッション能力や共同で問題解決に挑む能力を身につけます。また、専門分野の講義科目ではさらに深い知識と思考力を習得します。もちろん、文学や英語学などの専門分野の科目にもネイティブの教員が英語で行う授業が開講されています。

英語で書く
卒業論文とCROP

英文学科では4年次に卒業論文を執筆することが可能です。卒業論文は、指導教員による綿密な指導のもとで、30枚以上の分量を専門分野に関して全て英語で執筆するため、4年間の明治学院英文学科での学習の集大成とも言えます。是非みなさんもチャレンジしてください。

また、英文学科生が意欲的に自らの手で編集する全編英語によるクリエイティブジャーナルCROP (Creativity Rising Original Production) が毎年発行されています。