明治学院コンサート・シリーズ第7回  弦楽&管楽アンサンブルの楽しみ

開催日 2007年 7月16日(月・祝)
時間 14:00開演(13:30開場)
会場 明治学院大学 白金キャンパス アートホール
入場無料(一般の方・学生・教職員の方ともお気軽にどうぞ)
主催 国際学部 半澤朝彦
曲目 ドビュッシー/小組曲
モーツァルト/オーボエ四重奏曲 ヘ長調
モーツァルト/クラリネット五重奏曲 イ長調
今回のコンサートは、涼しい北海道から、「ベルトラムカ室内合奏団」のみなさんをご招待しました。札幌シンフォニエッタ、北海道交響楽団など、北海道のアマチュアオーケストラの主力メンバーで構成される実力派の室内アンサンブルです。
ドビュッシーの「小組曲」は、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンという、管楽器のアンサンブル(木管五重奏)で演奏されます。モーツァルトの二曲は、それぞれ、オーボエ、クラリネットにヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを加えた形で演奏されます。いずれも傑作の誉れ高い素晴らしい名曲です。休日のお散歩がてら、ぜひお出かけ下さい。
<ベルトラムカ室内合奏団>
 2003年結成。以来、様々な編成とプログラムで室内楽を楽しんでいる札幌の演奏団体。《ベルトラムカ》とは,チェコのプラハにある小さな館の名前で、モーツァルトは、この街に滞在する時に使っていた。
オペラ<ドン・ジョバンニ>序曲も、ここで作曲されたという。

ヴァイオリン: 鮎川克平/佐々木文  ヴィオラ: 石川悟  チェロ: 半澤朝彦
オーボエ: 須藤智美  クラリネット: 布施久美子
フルート: 菅野美由紀  ホルン: 菅野靖洋  ファゴット: 今村美生

Back