公開シンポジウム「理性の声、若者の声:変わるか?アメリカの核兵器認識、そして日本は」

開催日 2007年12月14日(金)
時間 13時30分~18時00分
会場 横浜校舎 13時30分~16時40分迄 922教室(9号館2階)
      16時45分~18時00分迄 821教室(8号館2階)
主催 国際学部付属研究所
テーマについて 保守系経済紙へのキッシンジャー元国務長官らの寄稿が「核兵器の廃絶」を提唱して人々を驚かせたのは、この一月のことでした。八月にはドキュメンタリー『ヒロシマ・ナガサキ』が全米ネットで放映され、多くの人々が投下後の惨状を初めて知り、衝撃を受けたと報じられています。そして明学の協定校カリフォルニア大学では、学生のハンガーストライキが・・・。何かがアメリカで変わりつつあるのでしょうか? 日本では? この25年間、米国内で核廃絶を訴えてきた、詩人のデビッド・クリーガーさんをお招きして、シンポジウムを開きます。
第1部 なぜ今、核兵器について考えるのか ディビット・クリーガーさん(核時代平和財団代表)
第2部 若者たちは、私たちは、何をしているのか ニック・ロビンソンさん(核時代平和財団プログラム担当)
中村 桂子さん(NPO法人ピースデポ事務局長)
無料(申込み不要です。お気軽にご参加ください)
シンポジウムは英語で行われますが、通訳つきです。 だたし、ディスカッションには通訳はつきません。

お問い合わせ先

国際学部付属研究所 045-863-2267

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~iism">http://www.meijigakuin.ac.jp/~iism

Back