公開研究会「下層社会記録と賀川豊彦」

開催日 2008年10月18日(土)
時間 13:00-16:00
会場 白金校舎本館92会議室
主催 キリスト教研究所「賀川豊彦研究」プロジェクト主催
講演 「下層社会記録と賀川豊彦」

講演内容 現代は民主主義の時代である。
そして民主主義の主体が民衆であることはいうまでもない。
かつて民衆の大部は下層民であった。
それならば、その民衆がわれわれの近代に、
その文化や思想に、どう位置していたか。
そのような、日本の近代の根本にかかわる問題を遠くに見据えながら、
明治・大正・昭和の戦前・戦後を生きぬいた賀川豊彦という
偉大な思想家の近辺から瞥見してみたい。
われわれの未だ稚い民主主義や文化を深化させる一助に。
講師 立花雄一氏

評論家。1930年生まれ。富山県魚津市出身。法政大学文学部卒業。
同大学院日本文学専攻修士課程修了。
著作として『評伝横山源之助』(1979年創樹社)。
『明治下層記録文学』(1981年創樹社。同書補訂版2002年筑摩書房ちくま学芸文庫)。
『横山源之助全集』編(2007年社会思想社・法政大学出版局継承出版)。
どなたもご参加ください。(無料)

お問い合わせ先

明治学院大学キリスト教研究所
TEL03-5421-5210 FAX03-5421-5214
Email:kiriken@chr.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/

Back