公開研究会「『懲役人の告発』とニヒリズム」のご案内

開催日 2008年10月11日(土)
時間 14:00~16:00
会場 白金校舎本館9階 キリスト教研究所
主催 キリスト教研究所 キリスト教文化研究プロジェクト
テーマ 第3回 椎名麟三の文学と信仰―未来のために
講演 『懲役人の告発』とニヒリズム
講師 成井 透氏(作家)
講師紹介 日本聖書神学校講師。たねの会所属。
大気汚染により数百人の命を奪った四日市公害裁判の間、
四日市の石油精製工場で働いていた。
だが、裁判を通して、被害者の苦悩や、利益のみを追求する
企業姿勢といった現実を知り、企業を離れその責任を追及する
小説を発表していく。『打たれた傷に』『空を翔んだ犬』が
全国学校図書協議選定図書に指定、『誰ですか』(詩)が
第13回日本海文学賞を受賞した。
椎名麟三 椎名麟三(しいなりんぞう)
(1911~1973)

小説家。
旧制姫路中学中退後、非合法運動に関わり、転向。
ドストエフスキーにより文学を志し、戦後「深夜の酒宴」「永遠なる序章」などで
存在の文学として注目された戦後文学の代表者。
また、<復活のイエス>との出会いという「復活体験」以後、
生涯「ほんとうの自由」をテーマとしたキリスト教作家。
「邂逅」「自由の彼方で」「私の聖書物語」他多数。
代表作に「美しい女」「懲役人の告発」などがある。



どなたもご参加ください。(無料)

お問い合わせ先

明治学院大学キリスト教研究所
TEL 03-5421-5210/FAX 03-5421-5214
E-mail kiriken@chr.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/

Back