明治学院バッハ・アカデミー合唱団が「サントリーホール オルガンレクチャーコンサート シリーズ2008 アンナ・マクダレーナが愛した夫-J.S.バッハ」に出演します

開催日 2008年11月24日(月・休)
時間 11:00開演(10:20開場)
会場 サントリーホール (大ホール)
主催 サントリーホール
コンサート概要 J.S.バッハの妻アンナ・マクダレーナ・バッハからみた夫の人間像をバッハのオルガン作品と共に3年間をかけて紐解くシリーズです。ラジオなどでもおなじみの皆川達夫氏の話と合わせ、文学部芸術学科の樋口隆一教授も解説者として出演します。
曲目と出演者 曲目 J.S.バッハ :トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
:カプリッチョ 変ロ長調(「最愛の兄の旅立ちに寄せて」) BWV992
:祝賀アリア『すべては神とともにあり』 BWV1127
:フーガ ト短調 BWV578
:『オルガン小曲集』から「甘き喜びに包まれ」 BWV608
ブクステフーデ:前奏曲 ハ長調 BuxWV137、他

出演 お話:皆川達夫
解説:樋口隆一
ソプラノ・語り(アンナ・マクダレーナ・バッハ):天羽明惠
オルガン・チェンバロ:椎名雄一郎
合唱:明治学院バッハ・アカデミー合唱団
台本:萩谷由喜子
詳細(関連リンク) サントリーホール オルガンレクチャーコンサートシリーズ
http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/sponsor/081124.html

Back