「第36回 邂逅忌 最終回」

開催日 2009年3月27日(金)
時間 14:30~20:00
会場 明治学院大学白金校舎アートホール、記念館
主催 「邂逅忌」世話人 主催  明治学院大学キリスト教研究所 共催
椎名麟三(しいな りんぞう) 小説家。1911~1973。
旧制姫路中学中退後、非合法運動に関わり、転向。
ドストエフスキーにより文学を志し、戦後「深夜の酒宴」「永遠なる序章」などで存在の文学として注目された戦後文学の代表者。
また、<復活のイエス>との出会いという「復活体験」以後、生涯「ほんとうの自由」をテーマとしたキリスト教作家。「邂逅」「自由の彼方で」「私の聖書物語」他多数。代表作に「美しい女」「懲役人の告発」などがある。
14:30~16:30≪シンポジウム「椎名文学を未来へ」≫ 会場 パレットゾーン2階アートホール


パネリスト 森 禮子 氏(作家)
橋本 茂 氏(明治学院大学教授)
富岡 幸一郎 氏(関東学院大学教授・文芸評論家)
司 会 小林 孝吉 氏(文芸評論家)
17:00~17:50≪朗読と朗読劇≫ 会場 パレットゾーン2階アートホール


「かぼちゃの花」

朗読者 牛山 茂 氏
1954年生まれ。長野県出身。昴演劇学校を経て、1977年より劇団昴に在籍32年の中堅。この間34作品に出演。最も評価されたのは「アルジャーノンに花束を」のチャーリー役。文化放送「火の鳥」、フジテレビ「DNA サイエンスミステリー」等のナレーションや、AXN「LOST」、NHK-BS「デスパレートな妻たち」での吹替えなどの分野でも活躍。


「半端者の反抗」

出 演 明石 健 氏
1960年劇団世代創設に参加。主な舞台 押川昌一作「二葉亭四迷」、平石耕一作「センポ・スギハァラ」、三好十郎作「捨吉」長編詩一人芝居、李盤作「その日その日にこそ」、1992年から邂逅忌で津川泉脚本「椎名麟三シリーズ」演出・出演。

出 演 丹羽 たかね 氏
俳優座付属俳優養成所9期生、劇団・青年座所属の後、劇団・現代創立に参加。国際青年演劇センターの海外公演(メキシコ・ペルー、ハンガリー、チェコ、ルーマニア アメリカ等)に俳優、プロデュサーとして参加。邂逅忌の司会を26年間続けて現在に至る。
18:00~20:00≪邂逅忌≫ 「偲ぶ会」 会場 記念館


「偲ぶ会」のみ申し込み必要:5月19日(木)


会費 シンポジウム・朗読と朗読劇 一般1,000円 学生無料
邂逅忌「偲ぶ会」 一般3,000円 学生2,000円(含飲食代)

お問い合わせ先

明治学院大学キリスト教研究所 
TEL:03-5421-5210 FAX:03-5421-5214 Email:kiriken@chr.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~kiriken/

Back