明治学院大学芸術学科講演会 新作《ニグレド》を語る:望月京 x クリスティアン・アルミンク x 岡部真一郎

開催日 2009年7月14日(火) 
時間 18:30開演 (18:00開場)
会場 明治学院大学白金校舎 アートホール
主催 日本アルバン・ベルク協会、明治学院大学文学部芸術学科
協力 新日本フィルハーモニー交響楽団
講師 望月京(作曲家;明治学院大学准教授)
クリスティアン・アルミンク(指揮者;新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督)
モデレーター 岡部真一郎(音楽学者;明治学院大学教授)

望月京は、改めて言うまでもなく、パリと東京をベースに極めて充実した活動を展開し、国内外から大きな注目を集め続けている作曲家です。望月の最新作、新日本フィルハーモニー交響楽団の委嘱による《ニグレド》は、7月16日、サントリーホールで初演されます。(同交響楽団第449回定期演奏会)
それにあわせ、今回の講演会では、世界初演のタクトをとるマエストロ、クリスティアン・アルミンクを迎え、リハーサルの様子なども伺いながら、作曲者自身の話とともに、創作の背景や新作の聴きどころなどを探ります。
専門家・研究者・学生はもとより、愛好家や音楽ファンをはじめ、広く一般に開かれた催しです。多くの方々のご来聴をお待ちしています。

入場無料 通訳付き

お問い合わせ先

明治学院大学文学部芸術学科共同研究室

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

Back