『ジャック・ラカンを考える』

開催日 2009年11月14日
時間 午後1時から5時まで
会場 白金校舎2号館2202番教室
主催 言語文化研究所
プログラム 午後1時~ 
向井雅明 「精神分析による身体へのアプローチ」
さまざまな奇妙な身体現象を、自閉症を通して精神分析的に捉えるとどうなるかを考える。
午後2時~
保科正章 「不安のセミネールについて」
ラカンの「セミネールX」で論じられている<対象a >の問題を考える。
午後3時~
宇波 彰 「ラカンの哲学的思考」
ラカンと哲学を結ぶ試み
午後4時~
討議と質疑応答
講師紹介 向井雅明 分析家。著書に「ラカン対ラカン」、訳書に「ラカン フロイトへの回帰」がある。
保科正章 精神科医、精神分析家、共訳にラカン「精神分析の倫理」などがある。
宇波 彰 明治学院大学名誉教授、著書に「記号的理性批判」「力としての現代思想」などがある。
※入場無料。予約は必要ありません。直接お越しください。
お問い合わせ先 言語文化研究所 03-5421-5213

Back