「ハイドンとベートーヴェン」

開催日 2009年12月5日(土)
   
時間 14時~16時30分
会場 白金校舎アートホール(パレットゾーン2階)
主催 言語文化研究所
講師  エルンスト・ヘルトリヒ博士
(元『新ベートーヴェン全集』編集主幹)
司会・通訳  樋口隆一(芸術学科教授)
ヘルトリヒ博士は、ヘンレ音楽出版社の編集顧問として、モーツァルト、ショパン、シューマン、ブラームス、
リスト等の「ヘンレ原典版」の楽譜校訂にたずさわられたあと、ボンのベートーヴェン・ハウスで『新ベートー
ヴェン全集』編集主幹、ベートーヴェン・アルヒーフ館長として活躍された現代ドイツを代表する音楽学者です。
 ハイドン没後200年にあたり、ウィーン古典派の巨匠ハイドンが弟子のベートーヴェンに与えた影響について、
さまざまな未知のエピソードを交えて語ります。音楽ファン必聴の貴重な講演会です。

※どなたでも自由にご参加いただけます。予約不要

お問い合わせ先

言語文化研究所 5421-5213

Back