2009年度 明治学院バッハ・アカデミー定期演奏会(最終回)のご案内 ―港区文化芸術振興基金助成事業―

開催日 2010年3月13日(土)
時間 18:00開演
会場 明治学院 白金チャペル
主催 明治学院バッハ・アカデミー
第59回 定期演奏会 ブラームス≪ドイツ・レクイエム≫

ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45

光野孝子(ソプラノ) 河野克典(バス)
樋口隆一指揮 / 明治学院バッハ・アカデミー合唱団・合奏団


******************************


「悩みをもつ人たちは幸せである。彼らは慰められるからである」。
(『ルター訳ドイツ語聖書』マタイによる福音書、第5章4節)


 ブラームスは、バッハのカンタータやモテットを数多く指揮するなど、19世紀後半におけるバッハ復興運動の重要な担い手のひとりでした。彼の出世作となった《ドイツ・レクイエム》(1869年全曲初演)は、新約聖書、旧約聖書さらには旧約続編「ベン・シラの知恵」に基づくドイツ語の埋葬音楽で、その背景にはシュッツの《ドイツ語による埋葬式》やバッハの名作カンタータ《神の時は最善の時》BWV106の伝統が流れています。その19世紀における発展型ともいえるブラームスの《ドイツ・レクイエム》こそは、明治学院バッハ・アカデミーの10年の活動を締めくくるにふさわしい作品でしょう。最終曲はヨハネ黙示録によってこう歌います。「然り、彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る」
 ソプラノ独唱は、長らく合唱団のヴォイス・トレーナーを務めた光野孝子、バリトン独唱は日本を代表するバス・バリトン歌手で、バッハ・アカデミーの同人のひとりでもある河野克典です。芸術監督樋口隆一の指揮のもと、合唱団と合奏団が10年の努力の総括としてこの名曲を歌い上げます。

学院関係者3500円 一般4000円 学生2000円
※港区民の方は、無料【事前申込要】。詳細は、明治学院バッハ・アカデミー事務局までお問い合わせください。

お問い合わせ先

明治学院バッハ・アカデミー事務局
(学校法人明治学院法人課内)
TEL:03-5421-5453(受付時間:月~金曜/9:00~17:00)
E-Mail:hojin@mguad.meijigakuin.ac.jp

Back