教養教育センター主催 公開シンポジウム『記憶の諸相』

開催日 2010年1月9日(土) 
時間 13:00~17:00
会場 明治学院大学 白金校舎92会議室(入場無料・通訳あり)
主催 2009年度教養教育センター付属研究所プロジェクト「文化・文学における記憶の考察」
内容 1800年ころには「下等な心の能力」でしかないとみなされていた「記憶」が、19世紀末以来、理論や文学にとって中心的な問題となる。ベルクソン、フロイト、プルースト、ベンヤミンからイェイツ、オング、デリダ、アスマンまで、「記憶」をめぐる考察は深められ、拡げられてきたが、それと同時に新たな問題提起もなされている。このシンポジウムは、「記憶の諸相」を比較文化的に考察しようとする試みである。各分野で活躍する気鋭の論者を報告者・コメンテイターとして招待し、日本、中国、英語圏、ドイツ語圏の「記憶」のありかたを比較する。
報告者 岩崎 稔(東京外国語大学教授:ドイツ哲学・政治思想・カルチュラル・スタディーズ)
佐藤 アヤ子(明治学院大学教授:カナダ文学)
ディビッド・チャリアンディー(作家・サイモン・フレイザー大学准教授:ポストコロニアル文学)
ムルハーン 千栄子(元イリノイ大学教授・文芸評論家:日本文学・文化論)
コメンテイター 飛鳥 壮太(『すばる』編集者)
茅野 裕城子(作家:現代中国文学)

お問い合わせ先

明治学院大学 川島建太郎研究室 
Tel:045-863-2088 Mail: kkentaro_AT_gen.meijigakuin.ac.jp (_AT_は@に置き換え)

関連リンク

http://mgu-cfla.cc-town.net/modules/news/article.php?storyid=145
【教養教育センターオリジナルホームページ】
http://mgu-cfla.cc-town.net/">http://mgu-cfla.cc-town.net/modules/news/article.php?storyid=145
【教養教育センターオリジナルホームページ】
http://mgu-cfla.cc-town.net/

Back