『パレスチナ1948・NAKBA』特別上映会 + 広河隆一さんトーク

開催日 1月30日(土)
時間 15:00~18:00
会場 明治学院大学白金校舎 2号館2401教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
主催 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
概要 ・受付14:40開始、15:00上映開始。
・休憩の後、製作者広河隆一さんによるトークと会場との対話。
・参加費無料
・事前申込み不要


NAKBAとは?  1948年5月14日イスラエルが誕生し、パレスチナ難民が発生した。
この事件をパレスチナ人はNAKBA(大惨事)と呼ぶ。

 この年、400以上もの村々が消滅、廃墟となった。故郷を追われた人々
の殆どは難民キャンプでの生活を強いられ、その過去を知らないキャンプ
二世、三世が生まれ、増え続けている。

 そして今なお、パレスチナ人が暮らす場所を破壊し、追放する動きは
続いている。


上映作品紹介  今から60年前の1948年イスラエルが建国され、70万人以上のパレスチナ
人が難民となった。動乱の中東の核心には、NAKBAと呼ばれる事件がある。
このことをどれほど多くの人が知っているのだろうか。

 報道写真月刊誌「DAYS JAPAN」の編集長を務める広河隆一は、40年間
パレスチナを追い続けてきた。その間に撮りためてきた写真は数万枚、
映像は千時間を越える。しかしその多くが、マスメディアでは様々な限界
にぶつかり、未発表のままだった。

 その貴重な映像を「映画」として発表するため、2002年、一般の有志に
よる『1コマ』サポーターズが発足し、フリージャーナリストとして活躍
する広河を支援。

 ついに2008年、長編ドキュメンタリー映画『パレスチナ1948・NAKBA』
が完成する。今から60年前、1948年に一体何が起こったのか。廃墟と化し
地図から消えていった村々の徹底した取材によって、隠され続けた歴史が
いま姿を現す。


お願い 1.駐車場がないため、お車での来場はご遠慮下さい。
2.万全を期しておりますが、講義用教室での上映ですので、音声・映像の乱れ
  等が生じる場合もございます。その際はご了承下さい。
3.新型インフルエンザ対策にご配慮下さい。


お問い合わせ先

明治学院大学 国際平和研究所 PRIME
 〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
 Tel 03-5421-5652 Fax 03-5421-5653
 http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime  prime@prime.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://nakba.jp/『パレスチナ1948 -NAKBA-』公式ホームページ

">http://nakba.jp/『パレスチナ1948 -NAKBA-』公式ホームページ

Back