明治学院大学シンポジウム 武智鉄二・伝統と前衛

開催日 2010年6月12日(土)
時間 午前10時から午後17時半まで
会場 明治学院大学白金校舎3号館3201教室
主催 明治学院大学文学部芸術学科、明治学院大学言語文化研究所
概要  武智鉄二氏は、青年期から伝統演劇に親しみ、活発な評論活動を行って劇界に衝撃を与えるとともに、戦後、能・狂言・歌舞伎の前衛的な演出に挑戦し、古典の現代への再生を達成。その後、映画の製作、監督にも取り組み、検閲問題をめぐって映倫と対立するなど、数々の問題作を発表しました。
 今回のシンポジウムの開催により、日本の演劇、映画界の巨人とも言える横断的な営為の全貌が浮き彫りになり、さらにはその一貫した前衛性と反権力の姿勢が、多面的に捉え返されるはずです。また武智氏と交流があり、共同作業を重ねられた歌舞伎俳優中村富十郎氏、狂言役者茂山千之丞氏をお招きして、壇上で貴重な思い出を語っていただきます。

タイムスケジュール 10:00 開会
10:15 岡本章『武智鉄二の世界と前衛性』
11:00 小田幸子『武智鉄二と能・狂言』
11:40 西澤晴美『武智鉄二と前衛美術』
12:10 児玉竜一『武智歌舞伎と文楽』
12:40 昼休み
13:30 四方田犬彦『武智鉄二と映画的想像力』
14:00 志村三代子『「源氏物語」の映画化』
14:40 権藤芳一『武智鉄二と伝統演劇』
15:20 中村富十郎『武智鉄二を語るⅠ』
15:50 茂山千之丞『武智鉄二を語るⅡ』
16:30 中村富十郎、茂山千之丞、権藤芳一、児玉竜一、笠井賢一
   『武智鉄二という人』
17:10 岡本章、四方田犬彦『武智鉄二の仕事』
<終了17:30予定>
アクセス 都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
南北線「白金高輪」駅徒歩10分
JR目黒駅、品川駅より都バス(品93系統)で5分
入場無料 どなたでもお気軽にご来場ください

お問い合わせ先

明治学院大学文学部芸術学科
TEL 03-5421-5380
FAX 03-5421-5502

Back